「尽くすオンナがいいオンナ」だと思っているあなたへ

こんにちは!

離婚回避カウンセラーの木村浩康です。

前回、頑張りすぎるとよくないお話をしましたが、

『尽くすオンナがいいオンナ』

そう思われている方は実にたくさんいらっしゃいます。

まさに『良妻賢母』のイメージそのものですが、
あなたはどうでしょうか?

別に夫に尽すことが悪いわけではありませんし、
それを否定するわけでもありません。

でも、『夫に尽くす、それが妻としてあるべき姿!』

そう固く信じて頑張っていらっしゃる方の方が、
夫から離婚要求を受けやすいという厳しい現実があります。

なぜそうなってしまうのでしょうか?

それは、多くの場合、夫を愛しているつもりで、
実はそれが夫に対する『承認要求』に過ぎないからです。

そもそも、夫に愛されたいと強く思って頑張っていると、
必然的に、自分がどれくらい愛されているか確認したくなります。

メールやLINEの頻度や文章の長さが気になったり、
絵文字の数を数えてみたり ・・・

それを確認すればするほど、夫の態度にそっけなさを感じ、
どんどん自分に自信がなくなります。

そして、夫の愛情を感じるためにさらに頑張ってしまい、
その結果、やたら重たくなって離婚要求を受けてしまいます。

そうなんです。

頑張ってきたのに夫と離婚になってしまう本当の原因は、
家事や育児をさぼったり、日頃の感謝が足りなかったわけでなく、

自分に対する『自己無価値観』
それが本当の原因であることが非常によくあります。

そこに、男性心理の不理解が加わると、
夫婦関係がうまくいかなくなって、夫と離婚になるのは当たり前。

ですから、『愛され妻』になるためには、夫に尽し過ぎるのを止め、
男性心理をよく理解しなければなりません。

実は、この『自己無価値観』は、
夫や他人に承認されることでは克服できません。

少しずつ自分を認め、自分を承認し、
ありのままの自分を受け入れることから始めましょう。

そうすれば、『尽くすオンナがいいオンナ!
だから、もっともっと夫に尽くさないと愛されない』

との呪縛が解け、『愛されたい』『求められたい』
という苦しみから卒業することができるようになります。

********************

ふくやまmirai離婚相談室

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

離婚回避カウンセラー木村浩康

tel 084-963-2351

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena