あの人もこの人も!

こんにちは!

離婚回避カウンセラーの木村浩康です。

今回の夫との離婚を回避して、
人も羨む愛され妻になるためのヒント!

『夫の付き合い』の対処法。

結婚前は一緒にいることが普通だったのに、
結婚したとたん「付き合い」を理由に外出したがる夫、、、

さほど親しい感じではなさそうなのに、
人から誘われると子犬のようにホイホイついてゆく夫、、、

そんな夫の態度が積み重なれば、
当然、妻は自分が大事にされていないと感じます。

そして、
外で嬉しげに息抜きしている夫の様子を見て、

「アンタ!どっちが大切なん?」

「こっちは育児が大変なのに!」

とバトルの口火を切ることに。

すると夫は、

「オトコにとって「付き合い」は大事なんじゃ!」

と勇ましく反撃し、

「オマエは何もわかっていない!」

となって離婚騒動に発展することがよくあります。

しかし、ここでも、夫婦がどうのこうのという前に、
男女の思考の違い見え隠れしています。

つまり、

女性の場合、お付き合いをする「トモダチ」はとても近い存在です。
同じ価値観、同じ気持ちを共有できる人が自分の傍に集まるのが普通です。

女性は、「トモダチ」と「知り合い」の線をハッキリ引いていますし、
相手によって付き合い方を変えるのが当たり前。

しかし、男性の場合、
その辺が非常にグダグダです。

あの人もトモダチ、この人もトモダチ、、、

男性の場合、付き合いをする「トモダチ」の範囲は、
女性よりも広いのが普通です。

何かをキッカケとして顔見知りになれば、
もう付き合う「トモダチ」に組み込まれますので、付き合いが大変です。

さらに、男性は、「人脈が多い=仕事ができる人」
という感覚もありますので、「付き合い」を非常に大事にします。

男性は、「付き合い」を大事にして「意気投合」することを非常に好み、
困った時にお互いに助け合い、言わなくてもわかる関係を好みます。

厳しい競争社会で生きていくうえで、「アイツは付き合いが悪い」
と言われることを非常に恐れ、無理を承知で付き合うケースもよくあります。

夫が何だかんだとトモダチとの「付き合い」を大事にするのは、
一概に妻や家庭をないがしろにしているわけではないのです。

男性と女性では「トモダチ」の定義が違うことを理解していないと、
夫とのバトルが絶えないことになりますので、ご注意を!

「付き合いって本当に大事よね~!」

「でも寂しいから早く帰ってきてね。今度埋め合わせしてヨ。」

そんな感じで、先に「付き合い」に対する理解を示して、
優しい笑顔で夫を送り出せば、

そもそもオトコは単純なイキモノです。

「いちいち言わなくてもわかってくれてる!」

「自分の大変さを理解してくれてる!」

と、妻に全幅の信頼を寄せるようになり、

後日喜んであなたの寂しさの埋め合わせをすることでしょう。(^^)/

********************

ふくやまmirai離婚相談室

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

離婚回避カウンセラー木村浩康

*******************

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena