え!今度こそ?

こんにちは!

離婚回避カウンセラーの木村浩康です。

さて今回も、
ポンコツ夫を愛妻家に変えるためのお話。

今回のお話は、
夫の大好きなシチュエーションに関するお話です。

夫から離婚を切り出されたけど、
夫婦修復を望む奥様に、

「夫と夫婦修復できたらどんな関係を作りたいですか?」

と尋ねると、

「今度こそ、夫と何でも話し合える関係になりたいですっ!」

と返事が返ってくることがよくあります。

そりゃそうですよね!

いいことも悪いことも、嬉しいことも悲しいことも、
ちゃんと全部夫と話をして理解を深めたい、

それが夫婦としてあるべき当然の姿であり、
女性の理想です、、、

???

そうなんです!

それは、もっぱら『女性の理想』です。

だから、女性は、仕事のこと、トモダチのこと、家庭のこと、
そして自分に対する気持ちをどんどん男性に聞きたくなりますし、

夫との夫婦関係の修復を考える場合はなおさら、
今度こそ、もっともっと夫と話をして、夫を理解しようと思います。

しかし、多くの男性は、

『言わなくてもわかってくれる!』

それを理想としています。

オトコは、言葉がなくても通じ合う関係を非常に好み、
いちいち言わないとわからない関係は大嫌い!

オトコはとにかく、
『あうんの呼吸』が異常に大好きなイキモノなんです。

そのため、

新婚ホヤホヤの時期や、夫婦修復の直後ならともかく、
夫婦の倦怠期の真っ只中に、

妻から「今日仕事どうだった?」「なんかあった?」
「どう思ってる?」などとしつこく聞かれると、

夫は、

「うざっ!」
「面倒くさっ!」

「少しは察しろ!」
「いちいち言わないとわからんのか?」

などとハラを立てることでしょう。

そして、そんな言葉を聞けば、
妻も気分を害し、

「せっかく気を遣ってあげたのに!」

「なに? そのエラそーな態度は!」

と、ドロ沼のバトルに発展し、
せっかくの夫婦修復が台無しになってしまいます。

妻にしてみれば、夫が何を考えているのか、
もう少し言葉にして教えて欲しいと思うでしょうし、

夫から言葉ではっきり聞かないと、
気持ちがよくわからなくて不安になってしまうでしょうが、

ここは一呼吸おいて、
妻の方も『あうんの呼吸』を楽しむのが夫婦円満の秘訣です。

『ちゃんと言えよ!コノヤロ~!』

ばかりでなく、

言葉にしなくてもわかりあえる、
夫のそんな理想に少しだけ付き合ってみるのも大切です。

********************

ふくやまmirai離婚相談室

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

離婚回避カウンセラー木村浩康

*******************

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena