え?他にも女性が?

今回の慰謝料請求の新着情報は、

「オタクのダンナは、他の人とも不倫をしてますから!」

「私にだけ言わないで下さい!」

(◎`ε´◎ )

夫の不倫相手に慰謝料請求をしたところ、
不倫相手が自分以外にも不倫相手がいることを主張して、

慰謝料の減額を要求したり、
不倫の責任を免れようとしたケースのお話です。

夫の不倫相手からそのようにいわれますと、

そーなんかな~
それじゃ無理なんかな~  (´д`lll)

そんな気がして参りますが、
不貞行為に関する裁判所の判例によりますと、

夫の不倫相手がほかにも不倫相手がいることを主張しても、
責任逃れをすることはできません。

なぜなら、不倫相手それぞれに対する損害賠償請求権は、
不真正連帯債務 の関係にあるからです。

東京地裁平成15年11月6日判決
東京地裁平成22年7月6日判決  他多数

(* ̄Oノ ̄*)

よって、

夫の不倫相手から他に女がいると主張をされても、
あきらめるのはまだ早い!

本当に他に女性がいたとしても慰謝料の減額はありえません。
人の家庭に土足で入りこんだ責任をバッチリ取って頂くべし!

以上、よくある
夫の不倫相手の反論についてのお話でした。

ご参考になれば幸いです。

ふくやま mirai 離婚相談室

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena