これぞ夫婦のコミュニケーション!?

こんにちは!

離婚回避カウンセラーの木村浩康です。

さて、今回の、
離婚を回避して『愛され妻』になるためのヒントは、

ああすれ違う、オンナココロ~

のお話。

夫との夫婦関係が険悪になられた方に、
夫に対する不満をお聞きすると、

「会話にならない!」

「ゼンゼン人の話を聞かない!」

と仰る方が、
実に多くいらっしゃいます。

たしかに、夫に話しかけても、

「あー」「うー」

としか言わなければ、

『バカにしとんか、このポンコツめ!!』

と、言いたくなりますが、

男性は一極集中なので、何か考え事をしていたり、
他のことに夢中になっていたら、もうダメです。

そもそも、世の男性は、
言葉がなくても気持ちが通じる関係を好みます。

夫が何を考えているのかわからなくなったり、
夫婦の会話が減ったな~と感じると、

意識して夫に話しかけたり、
もっと夫に関心を持たなきゃと思うかもしれません。

そして、

「ね、今日、どうだった?」

「カイシャで何かあった?」

「今日ね、実はね ・・・」

などなど。

これぞ夫婦のコミュニケーションじゃ!!

とばかり、
夫との会話の努力を試みますが、

実はこれ逆効果!!

取るに足らないことを何でも夫に聞いたら、
「面倒くさい女」と思われて、余計嫌われてしまいます。

とにかくオトコは「あうんの呼吸」が大好きなので、
余計なことはしゃべらないのも、『愛され妻』の条件となります。

沈黙が続くと息苦しくなりますし、
自分と一緒にいて楽しくないのかな、と思うかもしれません。

夫と会話ができれば、あなたの気持ちは満たされ、
夫が何を考えているかもよくわかり、安心できることでしょう。

だからといって、いつでもどこでも、
何でもかんでも聞いて許されるのは、恋愛のときだけです。

男性は、大切なことは、ひとりで考えますので、
そんなときに話しかけたら、どうなるかは目に見えています。

実は、『沈黙』も立派なコミュニケーションの一つです。

ついつい、夫にハズむ会話を求めてしまい、
まったく会話がハズまないことにイライラするかもしれませんが、

よく考えますと、無理して一生懸命話さなくても、
気持ちが通じる関係ってすごく素敵ではありませんか?

そうです。
余裕を持って『沈黙』もできるようになれば、シメたもの。

夫はウザいと感じる瞬間から解放され、
あなたのそばにいることに居心地の良さを感じるようになるでしょう。

もちろん、離婚の危機も吹っ飛びますよ~(^^ゞ

********************

ふくやまmirai離婚相談室

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

離婚回避カウンセラー木村浩康

ご相談窓口 tel 084-963-2351

*******************

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena