それはやはり!?

こんにちは!

夫婦修復カウンセラーの木村浩康です。(^^)/

さて、今回のトピックスも、

夫が大好きで、頑張りすぎてしまって、
離婚要求を受けてしまったケースのお話です。

「夫とうまくやりたい!」

「大好きな夫に愛されたい!」

誰だってそう思います。

そのため夫婦生活がうまくゆくよう、一生懸命がんばりますが、

夫を愛して、愛して、愛して。。。

尽くして、尽くして、尽くして。。。

そうなってきますと、

どれくらい夫に愛されているか、
確認したくてしょうがなくなります。

夫に愛の言葉を求める!

夫に明確な愛の態度を求める!

LINEの絵文字の数が気になる~!!

でも、

男性は愛情表現が苦手ときていますからね。

ポンコツ野郎が期待するような愛情表現をするはずがありません。

愛情確認をすればするほど期待は外れ、
どんどん自分に自信がなくなって、

愛されていないと感じて大爆発!!!

・・・ (激汗)

なぜ、そうなってしまうのでしょうか。

それはやはり、

自分に対する「無価値観」が根底にあるからです。

自分に自信がないから、
まず先に夫に尽くさなければいけないと思い、

無価値観を埋めるために必死でがんばって、
夫に尽くし過ぎてしまうケースが実に多くあります。

そんなケースで夫から離婚要求を受けた場合、
このままではマズイと思って、より一層夫に尽くそうと思いますが、

逆ですよ。

必要もないのに夫に謝罪しまくったり、

夫のウソ100%の、偽りの離婚理由を聞いて悲しんだり、

望まれていない夫婦修復活動はすぐに止め、

まずは、自分の無価値観の克服です!!

『自分を認め、自分を承認し、そして自分を受け入れる』

夫との夫婦修復のとっかかりはソコです。

がんばりましょうね。。。(^^)/

********************

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ

ふくやまmirai離婚相談室

広島県福山市神辺町川南419-1
レイクタワービル503

夫婦修復カウンセラー木村浩康

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena