でもそれが!?

こんにちは!

夫婦修復カウンセラーの木村浩康です。

さて、今回も、前回と同じく、

一生懸命夫を愛してきたのに、

夫から離婚を切り出されてしまった件。

もう夫のことなんかどーでもよく、

ごみ扱いしてたのならともかく、

夫が大好きで、愛していたのに

離婚宣告ですから本当にきついです。

実は、そういったご相談も多いんです。

いつも夫に愛されたいと思い、

「尽くす女」がいいと思っている女性。

味もそっけもない妻が多い中、

妻に世話を焼いてもらえるんですから、

夫は非常にありがたいはずで、

私的には非常に羨ましいかぎり!?

でもそれが、

うまくいかない原因をつくっている事実。

なぜいつも愛されたいと思うことが、

離婚を切り出される原因になるのか?

どうして夫に尽くし過ぎると、

ダメになっちゃうのか?

それは、、、

夫を愛しているつもりでいて、

実は「承認」を夫に求めているから。

夫に愛されたい!

承認されたい!

でも自分に自信がないから先に尽くす

とにかく尽くす

そうすると夫の愛を確認したくなる

見返りを求めたくなる

でも、

思ったより愛されていないと感じ、

必要とされていないと感じる

そのため、

どうしてなのか知りたくなる

執拗に問い質す

夫を責めたくなる

すると、

どんどん夫の重荷になる

そして夫から離婚を突き付けられる、、、

本人は、夫に尽くしているつもりで、

でも実は、

自分を満たしてもらうためにやっている!!

だから夫の求めるものと違うのは当たり前。

夫から思うような反応がないのも当たり前。

夫の重荷になるのも当たり前。

夫が解放されたいと思うのも当たり前。

ご注意くださいね。

夫との離婚を回避して

「愛され妻」を目指すなら、

まずは、

「尽くす女がいい!」

という固定観念を捨てること。

そして、

「頑張らなくても愛される!」

ことに早く気が付くこと。

とても大事ですヨ。(^^)/

********************


夫婦再構築ランキング

ふくやまmirai離婚相談室

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

夫婦修復カウンセラー木村浩康

tel 084-963-2351

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena