不倫の慰謝料請求の消滅時効

こんにちは!

ふくやま mirai 離婚相談室
カウンセラー行政書士の木村浩康と申します。

さて今回の事務所のトピックスは、
不倫における慰謝料請求権の消滅時効のお話です。

夫が3年前に不倫をした!
でも、そのときは離婚はせず、やり直すことを決意した。

夫とやりなおすことを最優先に考えたため、
不倫女性に対する慰謝料請求は断念した。

しかし、
不倫をした夫の反省はどこえやら!

やっぱり夫が許せないし、
不倫女性もやっぱり許せない!

夫の不倫を知ったとしても、よほど悪質なものでない限り、
離婚の決断は、とても難しいものになって参ります。

夫婦の間に子供がいればなおのこと、子供のために離婚を思い止まるか、
それとも離婚を決断すべきか、堂々巡りの悩みは尽きません。

しかし、そうなって参りますと、時間だけがどんどん過ぎて行き、
不倫女性に対する慰謝料請求権の消滅時効のことが気になって参ります。

このたびのケースは、夫のLINEを偶然見て不倫が発覚したものの、
不倫女性の名前と携帯番号しかわからないケースでございました。

そういったケースはよくございますが、
不倫女性の所在を知らないのであれば、慰謝料請求の消滅時効はスタートしません。

そもそも、消滅時効は自動的に成立するわけでなく、
時効期間が過ぎても、相手が消滅時効を援用しない限り、請求することは可能です。

以上、不倫の慰謝料請求権の消滅時効に関するお話でした。
少しでもご参考になれば幸いです。

ふくやま mirai 離婚相談室

〒720-2124
広島県福山市神辺町川南419-1
レイクタワービル503

離婚相談&不倫相談
木村法務行政書士事務所

行政書士木村浩康
TEL 084-963-2351

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena