離婚調停の取り下げと調停前置主義

今回の新着情報は、離婚調停の取り下げと、
調停前置主義に関するお話です。

夫婦の間に離婚トラブルが発生した場合、
すぐに裁判ができるわけでなく、先に調停をすることが必要となります。

これを、「調停前置主義」といいまして、
まずは、調停での話し合いによって離婚問題の解決が図られることになります。

この点、申立人が離婚調停の取り下げをした場合に、
訴訟の前に調停を前置したことになるのかどうかが問題となりますが、

調停前置主義というのは、実質的に調停を経ているか否かを問題としますので、
調停で話し合いをした事実があれば、取り下げをしても前置したことになります。

また、離婚調停が不調となった場合、どの程度の期間内であれば、
調停を前置したといえるのか、

一度離婚調停をして、調停で夫婦が話し合いをした実績があれば、
いつまでも調停を前置したことになるのかどうかについても問題となりますが、

数年前に離婚調停が不調になったような場合には、
調停を前置したとはいえない点に、ご注意を下さいませ。

一応の目安としましては、離婚調停が不調になってから1年が
そのめどとなりますので、離婚訴訟をする場合にはご留意を下さいませ。

ふくやま mirai 離婚相談室

〒720-2124
広島県福山市神辺町川南419-1
レイクタワービル503

離婚相談&不倫相談
木村法務行政書士事務所

行政書士木村浩康
TEL 084-963-2351

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena