不倫の慰謝料はどうなる?

こんにちは!

ふくやま mirai 離婚相談室
カウンセラー行政書士の木村浩康です。

さて今回の事務所のトピックスは、
不倫における慰謝料の金額に関するお話です。

夫が同じ職場の女性と不倫をしていたことが発覚!
まずは、憎っくき不倫女性に慰謝料請求!

100万円!いや200万円!
いやいや!慰謝料は300万円~!!

夫の不倫相手に慰謝料を要求する場合、
どの程度の慰謝料を要求するかがよく問題となりますが、

慰謝料の金額については、具体的な算定基準はなく、
以下の事情が、重要な判断要素となって参ります。

<慰謝料算定において考慮される事項>

・不倫発覚前後の夫婦の関係

・配偶者が受けた精神的苦痛の程度

・夫婦関係が破綻したかどうか

・年齢、結婚年数、期間、回数、積極性

・不倫相手の資力、社会的地位

一般的に、不倫の慰謝料は、その後夫婦関係が継続する場合よりも、
離婚になる場合の方が高額になるのが普通です。

ただし、高額といいましても、よほど特別な事情がない限り、
裁判をしても300万円を超えることはないようです。

離婚になるなら、100万円から300万円、
離婚にならないなら50万円から100万円となるのが一般的です。

しかし、不倫の慰謝料は、計算のできない精神損害の賠償という特質から、
どのような金額を設定しても構いません。

慰謝料は、不倫相手が法的手段を避けるために支払うお金ですから、
法的手段を避けたいと思えば、言い値の慰謝料を支払うこともありえます。

あまりに法外な金銭の要求をした結果、不倫相手がさじを投げて
弁護士事務所に駆け込んだらとてもやっかいです。

裁判だと、示談解決に比べて恐ろしいほど低額な慰謝料を決定されます。
そして、その低額な慰謝料から弁護士報酬を支払うのは大変です。

正当な慰謝料を得ることを目指すなら、
まずは、不倫相手を話し合いの場所に引っ張り出すことが先決です。

以上、よくある不倫の慰謝料請求のお話でした。
ご参考になれば幸いです。

ふくやま mirai 離婚相談室

〒720-2124
広島県福山市神辺町川南419-1
レイクタワービル503

離婚相談&不倫相談
木村法務行政書士事務所

行政書士木村浩康
TEL 084-963-2351

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena