不倫相手の言い訳について

さて今回の新着情報も、
配偶者の不貞行為に関するお話です。

例えば、夫の不貞行為が明るみに出て、
不倫相手に慰謝料請求をしますと、慌てふためいた不倫相手が、

「誘ったのは夫の方」「夫の方が不倫に積極的だった。」
との言い訳をすることがよくあります。

しかし、この点につきましては、最高裁の判決により、
不倫相手のそのような言い訳は、一切通用しません。

すなわち、最高裁は、

夫婦の一方配偶者と肉体関係を持った第三者は、
故意または過失がある限り、

配偶者を誘惑して肉体関係を持つに至ったか、
自然の愛情によって関係が発生したかどうかに関わらず、

他方の配偶者の夫または妻としての権利を侵害し、
その行為は違法性を帯び、

他方配偶者の被った精神上の苦痛を慰謝すべき義務が
あるというべきである。(最高裁判決、昭和54年3月30日)

と判示しましたので、不倫相手は、そのような理由で
不法行為責任を否定することはできない点にご留意を下さいませ。

ふくやま mirai 離婚相談室

〒720-2124
広島県福山市神辺町川南419-1
レイクタワービル503

離婚相談&不倫相談
木村法務行政書士事務所

行政書士木村浩康
TEL 084-963-2351

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena