何! 真っ向否定?

こんにちは!

ふくやまmirai離婚相談室
カウンセラー行政書士の木村浩康です。

さて今回のトピックスは、

夫が不倫女性の家に入り浸っている事実が発覚!
そのことを夫に問い質すと、夫は不倫を真っ向否定!

それならばと、
妻が調査会社の資料の束を夫にチラつかせると、

こんどは、ぬけしゃあしゃあと、

「ああ、話をしてただけ。Hはしてない!」

(-。-)y-゜゜゜

と答え、
不倫女性も口裏を合わせて、

「家で悩みを聞いてもらってました」

(-。-)y-゜゜゜

などと主張する展開に~!

・・・(怒)

確かに、不倫をした夫が、
妻からの慰謝料請求を避けたいと思う場合、

「肉体関係は何が何でも真っ向否定しましょうね!」

などと本に書いてあります。

不倫女性とベットインしているところを妻に押さえられたとしても、

「マッサージしてもらってたと言い張りましょうね!」

などと相談先から真顔でアドバイスを受けることもあります。

確かに、離婚訴訟においては、慰謝料が認められるかどうかは
肉体関係の有無にかかっていますのでアドバイスは適切かもしれません。

しかし!
不倫女性の場合は、そうは問屋がおろしません。

不貞訴訟の場合、夫と不倫女性との間に肉体関係があることが
不法行為を認定する絶対的な要件ではないからです。

東京地裁は、
夫が不倫女性とラブホにいるところを押さえられた事例において、

ラブホで2人が一緒に過ごすこと、
それ自体が婚姻の継続を著しく困難にする!

と述べて不法行為を認定しました。

という訳で、まずは、憎っくき不倫女性を成敗し、
不貞を認めた示談書を不倫夫に叩きつけるという展開となりました。

以上、夫と不倫女性から肉体関係を真っ向否定されたとしても、
慰謝料請求をあきらめるのはまだ早い!

(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

ふくやま mirai 離婚相談室

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena