何?ヘンなオトコ気?

今回の新着情報は、夫の不倫が発覚し、離婚はさておき、
その不倫相手に慰謝料請求した場合の夫の反応のお話です。

夫の不倫相手に慰謝料請求をしますと、
水面下で繋がっている不貞夫がさまざまな反応を示すことがあります。

そして、このたびも、不倫女性に内容証明郵便を出したのに、
夫がしゃしゃり出て、ヘンにオトコ気を出して不倫女性を庇おうとし、

「自分はカノジョに悩み相談をしていただけ!」「肉体関係はない!」

などと、それはもう、
一生懸命涙ぐましい主張をして参りました。

夫からそのような主張がなされた場合、
不倫相手に慰謝料請求することができるかどうかが気になりますが、

不貞訴訟における保護法益は、「婚姻共同生活の維持という権利
または法益保護に値する利益」とされています。

最高裁は、第三者が婚姻共同生活に違法に介入して、
夫婦を破壊に導くようなことをすれば不法行為が成立するとし、

夫と不倫女性が肉体関係を結んだことが、
違法性を認めるための絶対要件ではないと判示しました。

(最高裁 平成8年3月26日判決)

そのため、
夫が主張するように、本当に肉体関係はなかったとしても、

性交類似行為があった場合はもちろん、半同棲の状態や、
夫婦関係破綻を導く親密なやり取りがあれば不倫女性はアウトです。

以上、出しゃばり夫が「肉体関係はなかった」と主張をしても、
慰謝料請求をあきらめるのはまだ早い!!

ふくやま mirai 離婚相談室

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena