信じていたと言われても!

こんにちは!

ふくやまmirai離婚相談室
カウンセラーの木村浩康です。

さて、今回のトピックスは、
夫の不倫相手のよくある言い訳のお話です。

夫の不倫が発覚し、
その不倫相手に慰謝料請求をしますと、

「ソチラのダンナ様から離婚すると聞いてまして」

などといった弁明がよくなされます。

確かに、妻子持ちの夫と不倫をするうえで、
故意も過失もなければ責任を負うことはありません。

夫から離婚すると聞かされて、
それを100%信じていたのだから

自分には故意も過失もないんです~
と言いたいところなのでしょう。

しかし!
裁判所はそのような主張をほとんど認めません。

夫の夫婦関係が破綻しているとの説明を鵜呑みにして
漫然と不貞を続けたことは妻に対する不法行為となる。

(大阪地裁平成21年3月27日判決)

夫の夫婦関係が破綻しているとの説明を鵜呑みにして
事実確認しなかったから少なくとも過失がある。

(東京地裁平成22年12月24日判決)

不倫相手は、逆に夫の言葉から離婚していないことを
認識しており、単に破綻を希望していたに過ぎない!

(東京地裁平成25年9月27日判決)

夫がそんなことを言っても真実とは限らない!

(東京地裁平成25年12月17日判決)

・・・etc

以上、

夫に責任をなすりつけたい気持ちはわかりますが、
夫がそういう風に言えと言ったのかもしれませんが、

夫の離婚話を信じて
夫婦がすでに破綻していたと思っていたとしても、

不倫女性は慰謝料の支払いを免れない!!

そんなこんなの今日この頃でした。

ふくやま mirai 離婚相談室

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena