夫から離婚を切り出されたあなたが注意すること

こんにちは!

離婚回避カウンセラーの木村浩康です。

さて、今回のお話は、
夫から離婚を切り出された場合の注意点。

夫から「もう離婚したい」と言われたら、
なぜ離婚したいのか、その理由が非常に気になりますよね。

落ち着け~落ち着け~

と思っていても、

夫から、

「オマエはなぁ、感謝が足りんのじゃ!」

「オレの気持ちは絶対にわからない!」

などと、言われたら、

「それは違うよ」「そんなことはないよ」

と訴えたくなりますし、

「オマエの日頃の態度が許せない!」

「あのときの暴言でオレは傷ついた!」

などと、言われたら、
自分の立場を一生懸命訴えたくなるのが普通です。

でも、ガマンを超えて離婚要求をした直後の夫は、
残念ながら一切聞く耳を持たない状態です。

そんななか、言い訳や反論をすると、
それが正論であっても激怒されますので、ご注意くださいね。

「子供のことはどうするの?可哀そうだと思わないの?」
といえば、「オマエのせいだ」と激怒されるのがオチで、

必要のない謝罪や土下座も無駄なこと。
立場を悪くするだけですので、絶対にしないでくださいね。

ここはまず、あなたが心の冷静を十分取り戻してから、
夫の気持ちの受容だけに努めることが非常に大事です。

夫は妻から反論を受けることを覚悟して、
どう言い負かすかを考えてから離婚を切り出していることでしょう。

妻がものすごく取り乱して、泣き叫ぶことを十分覚悟して、
それなりに心の準備をしているはずです。

しかし、

『妻は一切反論せず話を聞いてくれた。』

となれば、夫は意外に思うことでしょう。

今夫は、

『オマエにはオレの気持ちはわからない!』

『だからもうオマエと一緒にいたくない!』

と、妻に駄々をこねているのです。

離婚を回避したいなら、今はあなたの気持ちを訴えず、
聞き役に徹して夫の気持ちだけを受けとめる。

その積み重ねが、
あとあと大きな意味を持って参ります。

********************

ふくやまmirai離婚相談室

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

離婚回避カウンセラー木村浩康

ご相談窓口 tel 084-963-2351

*********

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena