夫から離婚要求を受けたら、どうしてもしたくなること!?

こんにちは!

離婚回避カウンセラーの木村浩康です。

さて、今回のお話は、
夫から離婚要求を受け、でも離婚したくない場合に、

どーしてもしたくなること。

それは、

『夫に手紙を書くこと!』

夫から離婚要求を受けた場合、
夫に聞く耳をもってもらえないことがよくあります。

そうなりますと、
何かしないと気が落ち着かない気分になり、

とにかく今の気持ちを伝えたい、
どうやって今の気持ちを伝えようかと思い悩み、

メール? 

LINE?

いやいや!

ここは、気持ちを込めて手紙を書くべし!!

そう思い立って、
手書きでお手紙を書くケースがよくあります。

そして、

ぜんぶ誤解だからね!

そんなつもりはなかったよ!

これからは気をつけるね。

イロイロごめんね。

まだ愛してる。

と、これまでの夫との思い出を噛みしめながら、
手紙に自分の気持ちを託したくなります。

でも、妻に離婚要求をした直後の夫は、
妻にありえない発言をして、まさに『激情期』にいます。

つ、つ、ついに『離婚』と言うてもうた!

もう後戻りはできん!

どーやって早くケリをつけようか!

と考えている真っ最中で、
ひたすら『自分の決断は正しい』と思いたい心境です。

そのため、妻が手紙にどんな言葉を並べても、
妻がどんなに反省を示しても、一切心に響きませんし、

逆に、夫の罪悪感をヘンに刺激して、
余計妻と離婚したくなるのが普通です。

ご注意を下さいね。

とはいえ、
手紙を出すのが悪いというわけではございません。

出すタイミングを間違えなければ、
手紙は離婚回避に大きな役割を果たします。

夫に手紙を渡すなら、
もっともっと話が煮詰まった先が効果的です。

ただし、
手紙に自分の気持ちをダラダラ書いたらダメですよ。

夫に渡す手紙の内容にも、
忘れてはならないポイントがあります。

一番のポイントは、
夫の男としてのプライドに配慮した内容にすること。

そして、その夫のプライドを保ちつつ、
どう語りかけたら振り上げたこぶしを下ろす気になるか。

それをよく考えることです。

男性心理をよく理解し、文章力をバリバリ向上させ、
ここぞというときに手紙をお渡しをすると効果的。

がんばりましょうね。(^^ゞ

********************

ふくやまmirai離婚相談室

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

離婚回避カウンセラー木村浩康

ご相談窓口 tel 084-963-2351

*********************

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena