性格の不一致そして不倫!

こんにちは!

ふくやま mirai 離婚相談室
カウンセラー行政書士の木村浩康と申します。

さて、今回のトピックスは、性格の不一致に関するお話です。
離婚を望む理由として一番多いのが、この「性格の不一致」です。

育った環境が違う者同士が一緒になるのですから、
日々の生活において、ある程度考え方が食い違うのは当然ですが、

かつて、

『パンにジャムを大量につける妻が嫌になった!』
『風呂のあと、窓を開けて喚起しない夫が嫌になった!』

というような驚くべき主張がございました。

そんなこんなは、はたから見れば本当に些細なことに感じられますが、
夫婦間においては、一歩も譲れない大きな溝となって参ります。

考え方の違いと言えば、
夫婦におけるセックスに対する考え方の違いも深刻です。

『それが当たり前だと思っている夫が嫌になった』
『それを求めない夫が嫌になった』

とのことで、夫婦関係に不満が募り、
それを誰かに相談しているうちに不倫になる、、、

そんな絵にかいたようなケースが
離婚の現場におきましては、本当に多くございます。

性格の不一致や価値観の違いは、昔も今も、男女を問わず、
ダントツの離婚理由となってはいますが、

性格の不一致は、法律上の離婚原因ではないため、
裁判をしても、そう簡単には離婚は認められません。

そして、離婚原因は5分5分ということで、
慰謝料も容易に認められない点にご留意を下さいませ。

さらに、どうしても一緒にいるのが嫌だということで、
家を飛び出して夫婦別居を強行すれば、

いわゆる、離婚における「有責配偶者」とされてしまい、
大嫌いな夫から慰謝料請求されてしまう点にもご留意を下さいませ。

以上、ちまたでよくある
「価値観の違い」「性格の不一致」に関するお話でした。

ふくやま mirai 離婚相談室

〒720-2124
広島県福山市神辺町川南419-1
レイクタワービル503

離婚相談&不倫相談
木村法務行政書士事務所

行政書士木村浩康
TEL 084-963-2351

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena