離婚を回避!夫婦修復の決め手それは?

こんにちは!

夫婦修復カウンセラーの木村浩康です。

ついに桜の季節になりましたね。

そんななか、本日も、
夫との夫婦関係がうまくゆかなくなった場合のお悩み相談!

夫との夫婦関係がうまくゆかなくなると、
ついつい、

「そもそもあのポンコツ野郎と結婚したこと自体が間違いだった!」

と思いがち。

思い起こせば、
失恋したときに優しくされてついつい結婚を決めた、、、

結婚する気はなかったのに子供ができちゃて、
そのままゴールインしてしまった、、、

夫はタイプじゃなかったけど、
年齢のことを考えて妥協してしまった、、、

そんなこんなが思い出されて、
夫との結婚に対する失敗感が漂います。

そして、そんな夫から離婚要求を受けたら、
なお一層、先にそれを言われた悔しさを感じます。

でも、お気持ちはわかりますが、
そうであっても夫と離婚した方がよいとは限りません。

なぜなら、多くの夫婦は、それ以前に
間違った理由で夫と結婚をしているから。

『子供の頃に満たされなかったものを与えてくれる!』

そういった期待を持って結婚を決める方が多いのが現実です。

でも、夫があなたの期待に沿うのは初めだけ。
だんだん、あなたの期待は裏切られるようになります。

そして、あなたが夫婦修復の努力をしても、
一方通行になって疲れてしまい、

夫との離婚を選択する、夫から離婚を切り出される、
もしくは、『夫婦なんてこんなもん』と諦めてしまいます。

でも、男女関係には段階があり、
夫婦関係は、与えられるものでなく『育ててゆくもの』です。

夫の変わらない様子を見ると絶望的な気分になり、
もう終わりにした方がいいような気持ちがするでしょうが、

『倦怠期』『マンネリ』『離婚要求』など、
夫婦の間に今起きている問題は、

夫との夫婦関係の終わりを意味するものでなく、
夫婦が新しい段階にステップする時期にさしかかったことを意味しています。

そして、そこを乗り越えることができると、
夫婦関係がグレードアップして至福の愛を得ることができますが、

夫婦の危機を乗り越える秘訣は、
まず自分を知ること、そして、『女性の秘めた力』を知ることです。

多くの女性は、

『女性は男性に比べて弱い立場にあり、無力な存在である』

『女性は与えらえる存在』

だと無意識に思っていて、

『夫婦関係がうまくゆかない責任は、あのポンコツ野郎にある!』

と思ってしまいがち。

夫婦の責任は夫にあり、自分にはどうすることもできないと思って、
ついつい文句を言う立場に身を置いてしまいます。

でも違います!

男女の関係においては、女性がリーダーになるべきであり、
夫婦修復の鍵を握っているのは夫ではなく、あなたの方です。

夫婦関係は、決定的な亀裂が生じていなければ、
妻の考え方次第でどうにでもなりますからね。

妻が離婚だと思えば本当に離婚になりますし、
修復だと思えば修復になります。

妻がちょっと意識を変えるだけで、
夫の態度が激変し、

グータラ夫が家庭人に大変身!

意味不明のポンコツ野郎がスーパーヒーローに大変身!

そういったケースはヤマほどあります。

ああ恐るべし、女性の力。

女性には男性にない奇跡を起こす力が秘められているようです。

所詮、夫は妻に勝てません。

女性の持つパワーを知り、夫のせいにせず、
この先の夫婦関係は妻のあなたが決めると決意しましょう。

そして、あなたは本当の気持ちはどうなのか、
夫婦関係に何を望んでいるのか、

自分の心の声を聞いて、
夫ではなく自分から行動を起こしましょう。

『愛され妻』になれるかどうかは、

まさに、あなたの調教次第!?(汗)

あなたのリーダーシップにかかっています。(^^)/

********************

ふくやまmirai離婚相談室

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

夫婦修復カウンセラー

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena