え? 慰謝料を免除した?

今回の慰謝料請求の新着情報は、
不倫をした夫の慰謝料を免除したケースのお話です。

内容証明郵便で夫の不倫相手に慰謝料請求しますと、

夫の慰謝料を免除したんでしょ?

だったら、自分も責任を負うことはない!

そういったお返事が返ってくることがございます。

なんで、オンナは慰謝料を免除したことを知っているのか、
そこの疑問はさておきまして、

確かに、夫の不倫が発覚して、夫と離婚することになった場合、
養育費の確約と引き換えに慰謝料を免除することはよくございます。

そして、「これですべてを解決し、名目の如何を問わず金銭の請求をしない」
との精算条項が離婚公正証書に盛り込まれることがよくございます。

そのため、夫に対する慰謝料免除の効力が、
憎っくき夫の不倫相手にも及んでしまうのではないか、

「すべてを解決する」との離婚公正証書にサインをした以上、
夫の不倫相手の言うとおり、慰謝料請求できなくなったのではないだろうか、

少しだけ心配になって参りますが、
ご安心ください!!

不倫における慰謝料債務は、いわゆる不真正連帯債務であって
連帯債務ではないことから、民法437条の規定は適用されません。

最高裁判所は、

妻の債務の免除は、不倫相手の債務を免除する意思ではないから、
不倫相手との関係において何らの効力も有しないというべきである。

と判示しました。
(最高裁判決平成6年11月24日判決)

というわけで、夫の不倫相手に

「夫を免除したから責任なし!」

などと言われても、ひるむ必要は一切なし!
慰謝料請求を諦めるのはまだ早い!!

**********************

広島県福山市神辺町川南419-1
レイクタワービル503

夫の不倫相手に慰謝料請求!
木村法務行政書士事務所
tel 084-963-2351

ふくやま mirai 離婚相談室

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena