もう離婚したい!

性格の不一致、価値観の違い、
ひどいモラハラ、暴言、借金癖、生活苦、

不倫、激しいDV、過度のセックス要求、
長年のセックスレス、同居のトラブル etc

夫婦生活においてそのようなことがあれば、
誰だって平穏に暮らせません。

そして、そのような生活が積み重なれば、やがて限界が訪れます。
夫に対する気持ちが完全に冷めて離婚したいと思うのは当然の話でございます。

しかし、夫との離婚を決断するなら、どのように離婚問題を解決したらいいか、
あとで後悔しないよう、よく考えてから行動に移す必要がございます。

夫との離婚を決意したけど、うまく話が進まず悩んでいる、
夫がなかなか離婚に応じてくれず、どうしたらいいか悩んでいる、

そんなときには、離婚相談専門の当事務所までお気軽にどうぞ。
離婚問題を上手に解決できますよう、親身になってアドバイスを致します。

離婚協議書の作成!

夫との離婚を決意したなら
離婚問題を上手に解決しなければなりません。

夫との話し合いをどのように進めるか、
そこは大いに悩むところですが、

中途半端な離婚の約束にならないよう、
書面で約束をする必要がございます。

この点、離婚協議書の作成は、のちに強制執行をすることを見据えまして、
給付義務を特定する、法形式の整った契約書としなければなりません。

例えば、「・・・するものとする」との記載では単なる約束でしかないため、
のちに強制執行をするときに、非常に難しくなって参ります。

さらに、法律的に間違っている記述、意味がよくわからない内容、
そして、曖昧な内容であれば、約束違反で責任追及をすることはできません。

離婚協議書の作成なら、民事法務専門の当事務所にお任せ下さい。
ご依頼を受けて、法律的に間違いのない離婚協議書を早急に作成致します。

離婚公正証書の作成サポート

当事者が作成した離婚協議書であっても、
法的要件を備えていれば正式な契約書となります。

そして、離婚協議書における約束違反があれば、
裁判を経たのち強制執行をすることができます。

ただし、例えば、夫が養育費の支払いを
ストップする可能性が大きいならば、

面倒でも公正証書で養育費の約束することをお勧めします。
なぜなら、強制執行の前に弁護士を立てて裁判をする必要がないからです。

確かに、公正証書を作成するとなりますと、それだけ費用が嵩むことになりますが、
養育費がストップした後に裁判をすることを考えれば安くつきます。

何より「養育費の不払いをしたら、すぐに公正証書で給料を差押えられてしまう」
と夫に思わせることが、夫に約束を守らせる絶大な力となって参ります。

離婚公正証書を作成したいので、手続きのサポートをして欲しい、
夫と一緒に公証役場に行くことができないので夫の代理をして欲しい、

そんなときには、専門の当事務所にお任せ下さい。
ご依頼を受けて、代理人として公証役場に出頭し、作成の代理を致します

離婚調停の申立て!

夫との話し合いが進まない場合
そもそも夫との話し合いができない場合、

離婚調停の申立てを行って、
調停を通じて解決をする他ございません。

しかし、裁判所という慣れない場所で、
頭が真っ白になるケースはよくございます。

限られた時間の中、初対面の調停委員に対しまして、
離婚を求める理由を的確に説明することができないかもしれません。

離婚調停の期日が迫ってくると、精神的に非常に不安定になり、
不安が嵩じて体調を崩してしまうこともよくございます。

離婚調停をすることになってとても緊張している、
離婚調停がどうなるか不安に思っている、離婚調停でストレスがひどい、

そんなときには、専門の当事務所までお気軽にどうぞ。
離婚調停における不安や緊張を取り除くためのお手伝いを致します。

なお、離婚調停がうまく進むかどうかは、
離婚調停が始まる前の、調停委員に対するインプットにかかっています。

調停委員は、これまでの婚姻生活がどのようなものだったのか、
妻は何に不満があって、現在どのような生活をしているのか、

婚姻費用(生活費)はどうしているのか、夫はまだ支払っているのか、
離婚後の生活設計、離婚後の住まいはどう考えているのか、

子供の親権・養育費・面会交流はどう考えているのか、
夫が離婚に応じない場合はどうするつもりなのか、裁判まで考えているのか、

などに大きな関心を寄せ、夫婦の間で何が大きな問題となっていて
解決に向けてどのように調停を進行させたらいいかを事前に検討なさいます。

離婚調停は、第1回目の調停が非常に大事です。
後悔のない離婚調停とするため、調停前に提出する事情説明書を充実させましょう。

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena