このお仕事をするキッカケ!

はじめまして。
広島県福山市の行政書士木村浩康と申します。

私は今、メンタルケアカウンセラーとして、
離婚問題のカウンセリングを専門的に行っています。

そして、民事法務専門の行政書士として不倫の慰謝料請求を専門とし、
慰謝料請求書、示談書、公正証書の作成を専門としています。

しかし、私は、学校を卒業してすぐに法律の世界に飛び込んだわけでなく、
学校を卒業するときは、大きい会社に就職することを最優先に考えました。

なぜなら、父と離婚をした私の母が、朝から晩遅くまで働き詰めとなり、
女手ひとつで私を大学まで行かせてくれたからです。

そして、会社に就職してから15年間、会社ではそれなりに出世をし、
安定した年収もあって、何不自由のない生活を送っていました。

ところがある日、末期ガンと闘いながら自分の仕事に情熱を燃やす人の
ドキュメンタリ―番組を見て、強い衝撃を受けました。

そして、思い出したのです。

母の離婚問題で法律相談に行った時の弁護士に対する強い印象。
そして、その先生に対する強い憧れを!

やはり、今のように人にやらされる仕事ではなく、
情熱をもって本当に自分のやりたい仕事をしたいと思いました。

そして、自分の人生を変えるのは、今がラストチャンスだと強く思い、
自分の可能性をひたすら信じて、会社に辞表を提出しました。

脱サラし行政書士に転身!

思い切って会社を退社した後、自分が目指したのは、
それまで全く知らなかった「行政書士」という名の国家資格でした。

行政書士は、弁護士のように法律相談はできません。
示談交渉の代理も、離婚紛争に入り込むこともできません。

しかし、行政書士は、契約書作成のプロとして、
法律的に間違いのない離婚協議書をお作りすることができます。

また、ご相談者様のために内容証明郵便というものをお作りして、
陰ながら法律的なサポートをすることもできます。

会社はさっさと辞めましたので、まさにいきなり崖っぷちの状態で、
後戻りはできない状態でしたが、不思議と何の不安も感じませんでした。

「できると思うからできる!」「自分に不可能なことは思いつかない!」
そう自分に言い聞かせ、これまでやったことのない猛勉強をしました。

法律は本当にとっつきにくく、出てくる言葉も非常に難解で、
最初は15分も本を読めば、たちどころに睡魔が襲ってくる状態でした。

しかし、わかりはじめると、どんどん法律が面白くなり、条文を読むのも楽しくなり、
行政書士としてキラキラ光っている自分を妄想しながら頑張りました。

そして、崖っぷちの執念が通じたのか、何とか国家資格を手にすることができました。
合格を知ったときの感動は、今でも忘れることができません。

やっぱり離婚相談!

行政書士資格による法律的なサポートだけでなく、
カウンセラー資格をもって離婚トラブルによる精神的苦痛をケアする。

父と離婚するのが精いっぱいだった自分の母のようにならないよう、
離婚公正証書の作成などを通じて、ご相談者様をしっかりサポートする。

そう思って行政書士になったものの、
いざ本当に始めるとなりますと、まったく気が進まなくなりました。

なぜなら、今まで無理やり忘れていた両親が離婚した時の悲惨な記憶や
両親の離婚によって味わった嫌な思い出がゾンビのように蘇ったからです。

そのため、当初の熱い思いとは異なり、相続問題や遺言書の作成に取り組み、
クーリングオフ、悪質商法対策、株式会社の設立業務にも取り組みました。

しかし、どれもこれも一生懸命やっているのに充実感を感じることができず、
行政書士として不完全燃焼の日々を過ごすことになりました。

そして、わざわざ脱サラして行政書士になった意味があったのだろうか?
結局自分は、何がしたかったのだろうか?

そんな精神状態にまで追い詰められることになりましたが、
一本のお電話が私を救い、私が進むべき道を改めて教えて下さいました。

そのお電話は、最初に私がやろうとしていた離婚に関するご相談で、
私は水を得た魚のように熱くなり、夢中になってアドバイスをしていました。

両親の離婚というつらい経験、母の苦悩を身近で感じた記憶、
子供としての精神的苦痛、強い屈辱、劣等感、大きな挫折や今日までの苦労、

それらすべて、私の身に起こった深く悲しい出来事は、
このような重大な離婚相談を受けるためにあったのだと強く感じました。

そして、自分がやるべきことは離婚相談しかないと覚悟を決め、
その分野で弁護士に負けない知識を習得し、離婚業務に没頭して参りました。

もしもあのとき離婚相談のお電話が鳴らなかったら、私は行政書士を廃業していました。
そのご相談者様から頂いた感謝のお手紙は、今も大事にしまっています。

これからもずっと!

私の事務所は、まさにゼロからのスタートで、時に廃業の危機もありましたが、
さまざまな紆余曲折を乗り越えて、もうすぐ14年目を迎えます。

時間が経つのが本当に早く、あっという間の14年でした。
そして、離婚相談を通じて、本当にいろんな勉強をさせて頂きました。

ときに、「離婚相談や不倫の相談ばかり受けていて嫌にならないか?」
「気持ちが重たくならないか?」と聞かれます。

しかし、そのようなことはございません。
なぜなら「相談して良かった。」とのお言葉を頂くことが私の最大の喜びだからです。

離婚トラブルを抱えれば、誰だって精神的に参ってしまいます。
強い孤独や不安を感じ、自暴自棄になってしまうのも無理はございません。

しかし、いつまでも悩んだり、途方に暮れているわけには参りません。
限りある人生です。一刻も早く明るいあしたを取り戻さなければなりません。

心がつらいとき、苦しいとき、どうぞお気軽に私にお電話を下さい。
私自身もこれまで何度もどん底を味わって参りました。もう怖いものはございません。

やっかいな離婚トラブルを一緒に乗り越えて参りましょう。
お抱えになられた離婚トラブル、離婚のお悩みを解決するため尽力をさせて頂きます。

ますます頑張って参りますので、これからもどうぞ宜しくお願いを申し上げます。
カウンセラー行政書士木村浩康

離婚に関するお悩み相談&不倫トラブル 慰謝料の請求!

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena