このお仕事をするキッカケ!

はじめまして。

広島県福山市の離婚問題カウンセラー、
行政書士の木村浩康と申します。

私は今、離婚トラブル専門のカウンセラーとして、
離婚や不倫のお悩み相談を専門的にお受けしています。

そして、民事法務専門の行政書士として、離婚公正証書の作成相談、
慰謝料請求書、示談書の作成相談を専門的にお受けしています。

しかし、私は、学校を卒業してすぐにこの世界に飛び込んだわけでなく、
大きい会社に就職することを最優先に考えました。

なぜなら、安定した会社に就職することによって、
父と離婚をした母親を早く安心させたいと思ったからです。

そして、会社に就職してから15年間、会社ではそれなりに出世をし、
安定した年収もあり、何不自由のない生活を送っていました。

ところがある日、末期ガンと闘いながら自分の仕事に情熱を燃やす人の
ドキュメンタリ―番組を見て、これまでの生き方に疑問を感じました。

自分は、その人のように熱い情熱をもって仕事をしているのだろうか、
自分は今、本当にやりたい仕事をしているのだろうか、

そして、思い出したのです!

母親に付き添って非常に心細い思いで離婚の法律相談に行ったとき、
深い暗闇を明るく照らして安心感を与えた弁護士の先生の強い印象を!

自分が本当にやりたかった仕事、自分が情熱をもってやれる仕事は、
人のトラブルや悩みを解決するお仕事ではなかったのか。

もういてもたってもいられなくなりました。
そして、自分の可能性を信じて長年勤めた愛着ある会社に辞表を提出しました。

脱サラし行政書士に転身!

思い切って会社を退社した後、自分が目指したのは、
それまで全く知らなかった行政書士という名の国家資格でした。

行政書士は、弁護士のように法律相談はできず、
示談交渉の代理も、離婚紛争に入り込むこともできません。

しかし、行政書士は、契約書作成のプロとして、
法律的に間違いのない離婚協議書をお作りすることができます。

会社はさっさと辞めたため、いきなり崖っぷちの状態で、
後戻りできない状態でしたが、不思議と何の不安も感じませんでした。

できると思うからできる!

自分に不可能なことは思いつかない!

そう思い、1日30分、2時間、5時間、8時間、そしてエンドレス!
これまでやったことのない猛勉強をすることになりました。

法律は本当にとっつきにくいものでしたが、わかりはじめると面白く、
あんなに太い模範六法を読むのも苦にならなくなりました。

そして、崖っぷちの執念が通じたのか、何とか国家資格を手にすることができました。
1月の粉雪が舞う中、合格を知ったときの感動は、今でも忘れることができません。

やはり私は離婚相談!

私の母は父と離婚するのが精一杯でしたが、そんなことにならないよう、
離婚公正証書の作成を通じてご相談者様をサポートする。

そう思って行政書士になったものの、
いざ本当に始めるとなると、離婚業務を行う気持ちが失せました。

なぜなら、今まで無理やり忘れていた両親の離婚時の悲惨な記憶、
強い精神的苦痛がゾンビのように蘇ったからです。

さらに、弁護士のように堂々と離婚紛争に入り込めないことも、
離婚業務を行う上で大きなジレンマとなりました。

そのため、開業時は、相続手続きのお仕事に取り組み、
クーリングオフ、会社の設立業務、帰化申請に取り組みました。

しかし、どれもこれも充実感を感じることができず、
行政書士として不完全燃焼の日々を過ごすことになりました。

そのため、わざわざ脱サラして行政書士になった意味があったのか?
結局自分は何がしたかったのか?

そんな自問自答の日々を過ごすことになりましたが、
一本のお電話が私が進むべき道を改めて教えて下さいました。

そのお電話は、最初に私がやろうとしていた離婚に関するお悩み相談で、
私は水を得た魚のように熱くなり、夢中になってアドバイスをしていました。

そして、そのご相談を通じて、両親の離婚という言葉にならないつらい経験や、
子供としての精神的苦痛は、離婚相談をするためにあったのだと確信しました。

改めて自分がやるべきことは離婚相談しかないと覚悟を決め、
その分野では弁護士に負けないよう、六法や判例を読み漁りました。

さらに、法律知識に留まらず、税金、社会福祉、年金、登記、戸籍などの
勉強を重ね、ご相談において単に薄っぺらい知識のご説明に留まらないことから、

心理学の知見やカウンセリングの知識や技法を学ぶことにも没頭し、
離婚トラブルにおけるメンタルサポートもしっかり行えるよう勉強を重ねました。

もしもあのとき離婚相談のお電話がなかったら、今の私は存在しません。
そのご相談者様から頂いた感謝のお手紙は、今も事務所に大事にしまっています。

これからもずっと!

私の事務所は、ときに廃業の危機もありましたが、
さまざまな紆余曲折を乗り越えて、もうすぐ14年目を迎えようとしています。

これまで積み上げて参りました過去13年の離婚相談の実績が、
ご相談者様の離婚トラブルを解決するための一助になれば非常に嬉しく思います。

ご相談を頂ければ、これまでの固定観念やストレスから開放され、
新しい見方や考え方、明るいあしたを取り戻して頂くことができると信じています。

ますます頑張って参りますので、今後ともどうぞ宜しくお願いを申し上げます。

離婚問題カウンセラー行政書士木村浩康

離婚に関するお悩み相談&不倫トラブル 慰謝料の請求!

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena