このお仕事をするキッカケ!

はじめまして。
夫婦修復カウンセラー、行政書士の木村浩康と申します。

私は今、悲惨な離婚をなくすため、夫との夫婦関係改善のお悩み相談、
夫婦修復のご相談を専門的にお受けしています。

そして、止む無く夫との離婚を決めた方のために、離婚公正証書の作成や、
夫の不倫相手に対する慰謝料請求のご相談を専門的に承っています。

私が今のお仕事をしようと思ったキッカケは両親の離婚にあります。
父との離婚で苦しんだ母のような人のお力になりたいと思ったのがキッカケでした。

私がまだ高校生で、母に付き添って法律相談に行ったとき、
対応した弁護士に強い憧れを持ち、自分もそうなれたらいいなと思いました。

でも私は、就職をするとき、自分の夢を追うようなことはせず、
なるべく大きい会社にサラリーマンとして就職することを選択しました。

なぜなら、私の妹がもうすぐ大学進学を控えており、
普通に就職をして働いて、母を経済的に援助する必要があると思ったからです。

そんなこんなで、地元広島の大手スーパーに就職してから15年間、
売場の店員、売場の責任者、商品の仕入を担当するバイヤーとして働きました。

会社では人並みに出世をし、複数の店舗を任されるなど、
会社ではまさに順風そのもので、何の不満もない人生を送っていました。

ところがある日、末期のガンを宣告されながら、最後まで自分の仕事に情熱を燃やし、
人のために尽くす人のドキュメンタリ―番組を見て心が大きく揺らぎました。

今、仕事について何の不満もないけど、
その人のように本当にやりたかった仕事をしているわけでない!

自分は給料をもらうために仕事をしているだけで、
その人のように自分の命を賭してまで今の仕事をやりたいわけでない!

急に今の自分の姿に焦りを感じました。

母子家庭で育った自分が夢を追うようなことをしたら大変なことになると思い、
夢を諦めて普通に会社に就職し、真面目に働くことを選択しましたが、

15年の時を経て、夢にチャレンジできるのは今しかないと思い、
まるで何かに導かれるように、今の離婚相談の世界に飛び込む決意をしたのでした。

バイヤーから行政書士に転身!

会社を退社した後、まず先に自分が目指したのは、
それまで全く知らなかった行政書士という名の国家資格でした。

行政書士は、弁護士のように法律相談はできません。
示談交渉の代理も、離婚の紛争に入り込むこともできません。

しかし、行政書士は、法律文書や契約書作成のプロとして、
内容証明郵便や離婚公正証書の作成をサポートすることができます。

会社の同僚や身内の者は、会社にいる間に資格を取ってから辞めるべきで、
そもそも、国家資格へのチャレンジは無謀だと言いました。

しかし私は、中途半端に勉強をして合格できるほど甘くはないと思い、
会社を辞めて退路を断ち、6か月間、一発勝負のつもりで勉強をしました。

「できると思うからできる!」

「自分に不可能なことは思いつかない!」

そう信じ、1日30分、2時間、5時間、8時間、そしてエンドレス!
これまでしたことがないほど猛勉強をしました。

もちろん、それまで法律の勉強などしたことがなく、
15分も机に向かえばたちどころに睡魔が襲ってくる有様でした。

でも、法律は、わかりはじめると非常に面白く、
模範六法の条文を読んだり、判例を読むのが苦にならなくなりました。

そして、もう後がない、まさに崖っぷちの状態で11月の試験に臨み、
何とか行政書士の国家資格を一発で手にすることができました。

1月の粉雪が舞う中、行政書士に合格したことを知ったときの感動は、
今でも忘れることができません。

やはり私は離婚相談!

私の母は、大学進学が決まった私と中学校に進学する妹がいるのに、
父から養育費を一銭ももらうことができませんでした。

父との離婚については、世間から白い目で見られるだけで、
身近に相談する人がいなかった母は、とても孤独で苦労をした様子でした。

母のそんな様子を見ていましたので、離婚トラブルのカウンセリングや、
公正証書の作成などを通じて、夫との離婚でお困りの方のお力になりたい!

そういった熱い思いで、まずは行政書士の国家資格を取りましたが、
本当に始めるとなると、大きな戸惑いを覚えました。

なぜなら、私が離婚に関連する仕事をすることは、
離婚をした両親に対するあてつけのような感じがしたからです。

今まで無理やり忘れていた、両親の離婚によるつらい記憶、強い屈辱、
そして劣等感がゾンビのように蘇ったことも、二の足を踏む原因となりました。

そのため、開業時は「相続手続きを専門とする行政書士」として触れ回り、
その後、悪質商法のクーリングオフや会社の設立業務に取り組みました。

しかし、どれもこれも充実感をあまり感じることができず、
2年ほど行政書士として不完全燃焼の日々を過ごすことになりました。

そのため、わざわざ脱サラをして行政書士になった意味や、
一体何をすれば自分自身が納得できるのかがわからなくなり、

自分自身がそんな中途半端な気持ちでいるために、
仕事の依頼も少なく、自信を無くして悲惨な毎日を過ごすことになりました。

そして、ついに気持ちが折れて行政書士を廃業する決意をし、
電話帳から事務所の電話番号を消して再就職することを決意しました。

ところが、そんな失意のなか、1本のお電話が奇跡的に鳴り、
そのお電話が私が進むべき道を改めて教えて下さいました。

そのお電話は、最初に私がやろうとしていた離婚協議書の作成相談で、
夫との離婚のお悩み相談も含まれていました。

そして私は、その方のお悩みのご相談を受けながら、
自分がすべきことはやはりこれだった!

母の離婚時のひどい状況、強い精神的苦痛、子供としての悲惨な記憶は、
このような離婚相談をお聞きするためにあったのだと確信しました。

やるべきことが明確になった私は、離婚相談だけを専門的に行うことを決意し、
心のわだかまりを母に打ち明けました。

そして、母に対する気兼ねが要らぬ心配だったことを知った私は、
改めて弁護士に負けないよう法律と判例を読み漁りました。

そして、法律知識に留まらず、税金、社会福祉、年金、登記、戸籍など、
離婚に関するありとあらゆる知識と、カウンセリングの技法を学びました。

もしも失意のあのとき、お電話が鳴らなかったら今の私は存在していません。
そのご相談者様から頂いた感謝のお手紙は、人生の宝物として大事にしまっています。

これからもずっと!

そんなこんなの、さまざまな紆余曲折を乗り越えて、
私の事務所は14年目を、離婚相談は12年目を迎えようとしています。

急に一念発起をして行政書士、そして離婚問題カウンセラーとなり、
離婚相談一筋でここまでやって参りました。

カウンセラーになってから信じられないスピードで時が流れていますが、
私の離婚相談に賭ける想いは、12年前と変わっていません。

さらに、今は、子供たちが私のような悲惨な思いをしないよう、
少しでも夫との夫婦関係をよくするためのご相談や、

夫から離婚を切り出されてショックを受けていらっしゃる方、
困っていらっしゃる方のためのカウンセリングを専門的にお受けしています。

カウンセリングが皆様に生きる勇気を与え、幸せをもたらすことができれば、
夫婦円満をもたらすことができれば、これ以上嬉しいことはございません。

夫と離婚寸前まで行ったものの、なんとか夫婦修復となり、
一家4人、車でお帰りになられるのをお見送りしたことがございました。

そのときの、夫婦のほのぼのとした光景、お子様たちの何ともいえぬ安堵の表情、
いつまでも私に「バイバイ!」と手を振ってくれた光景が今も忘れることができません。

同じような夫婦修復のケースが増えますよう、「愛され妻」が増えますよう、
これからますます頑張って参りますので、今後ともどうぞ宜しくお願いを申し上げます。

ふくやまmirai離婚相談室
夫婦修復カウンセラー、行政書士木村浩康

離婚に関するお悩み相談&不倫トラブル 慰謝料の請求!

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena