夫の不倫相手が肉体関係を否定して慰謝料を拒否したら?

こんにちは!

夫婦問題カウンセラーの木村浩康です。

当相談室では、夫の不倫のお悩み相談、
夫の不倫相手に対する慰謝料請求のご相談も専門的にお受けしています。

行政書士として、法律的に間違いのない慰謝料請求書を作成し、
示談書の作成に至るまでのサポートをしていますが、

どんな場合に、どんな証拠があれば不倫相手に慰謝料請求ができるのか、
不倫をされた妻としては非常に気になるところで、

もしも夫との間に肉体関係がなかったら、その証拠がなかったら、
不倫相手に慰謝料請求できるのかどうかが気になります。

実際にも、不倫相手が、

「ただ悩みの相談をしていただけです」 
「あれ(親密なやり取り)は単なる遊び」

などと返答することがよくありますが、

結論から申しますと、肉体関係を要求する離婚訴訟とは違い、
不貞の場合は肉体関係がなくても慰謝料請求をすることは可能です。

夫の不倫相手が、

「肉体関係がないから大丈夫!」
「肉体関係の証拠は持たれていないから全然平気!」

などと思っていることはよくありますが、

夫と肉体関係はなくても、婚姻共同生活を破壊する行為をすれば、
断じて許せぬ不法行為となります。

以上、仮に、夫と不倫相手との間に肉体関係がなかったとしても、
そのような回答を受けたとしても、

不倫相手に対する慰謝料請求を諦める必要はありませんし、
不倫相手は妻に慰謝料を支払う義務がありますのでご留意を。

以上、不倫相手に慰謝料請求を行った際に、よくある回答のお話でした。
慰謝料請求のご参考になれば幸いです。

********************


ふくやまmirai離婚相談室

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

民事法務専門 / 木村法務行政書士事務所

行政書士木村浩康

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena