夫の不倫相手に慰謝料請求!

夫の不倫相手の存在を知れば、
慰謝料請求のことが気になります。

不倫のせいで離婚の危機が迫ったり、
不倫相手が不倫を止めようとしない場合、

不倫相手に強い怒りを覚えるのは当然で、
慰謝料を求めたい気持ちが高まります。

もちろん、夫の不倫相手は、故意や過失がある限り、
慰謝料の支払義務を免れることはできませんし、

夫の不倫相手が夫に執着し、あからさまに離婚を求めるなど、
不倫が悪質であればあるほど慰謝料は高額となります。

とはいえ、夫の不倫相手と直接面会して慰謝料を要求するのは、
精神的に大変な負担となりますし、

弁護士を通じて法的手段を取るのも、費用倒れの懸念があったり、
まとまった費用が必要となる点が悩ましいところです。

さらに、手持ちの証拠だけで慰謝料請求できるかどうか、
よくわからずにお悩みのケースもよくあります。

当相談室では、夫の不倫相手に対して
慰謝料請求する場合の法的サポートも専門的に承っています。

ご依頼を受けて、法律的に間違いのない慰謝料請求書を作成し、
夫の不倫相手と示談が成立するまでのサポートを致します。

夫の不倫相手に対する慰謝料請求のご相談は、
何度でも無料です。

夫の不倫相手に慰謝料請求したいと思っているけど、
どうしたらいいか悩んでいる、、、

そんなときには、
不倫トラブル専門の当相談室までお気軽にご相談を下さいませ。

不倫の慰謝料請求のブログ日記は こちら!

不倫トラブルの示談書作成

夫の不倫相手に慰謝料請求を行って示談が成立した場合、
示談書を作成することがよくありますが、

その場合、不倫はあっても夫と離婚をしない場合は特に、
示談書の内容はよく吟味しなければなりません。

たとえば、二度と夫に近づかないよう不倫相手に誓約させ、
もしも誓約違反があった場合には違約金を約束させる条項の設定、

不倫相手が、あとから夫にお金を要求しないよう、
求償権を放棄させる条項の設定、

不倫相手が会社や子供に夫の不倫を吹聴しないよう、
不倫相手に事件の秘密を厳守させる条項の設定、など、

示談書のサンプルは、ネット上にたくさん掲載されていますが、
漏れや抜けが生じやすいので十分注意をしなければなりません。

さらに、示談書の作成については、あとで『強制的にサインをさせられた』
などと言われないよう、作成場所や方法にも十分注意をしなければなりません。

当相談室では、不倫トラブルの示談書作成も専門的に承っています。
ご依頼を受けて、法律的に間違いのない示談書を早急に作成致します。

不倫相手と直接面会して示談書を作成なさる場合には、
一括払い用、分割払い用など、示談書の複数パターンをご用意し、

示談書の内容の確認や、慰謝料の受け渡しなど、
立会いのご必要がある場合には、現場でのお付き添いを致します。

夫の不倫相手が慰謝料を支払う代わりに
示談書を提示してサインを求めてくるケースもよくありますが、

その場合、相手の都合の良いように書かれていて、
肝心なところが曖昧であったり、抜けていることがよくございます。

ご依頼を頂ければ、示談書の内容の法的チェックを行い、
そういったモレや抜けがないよう、専門的なアドバイスを致します。

簡単なように難しいのが示談書の作成です。

不倫相手に慰謝料の支払いを約束させたつもりでも、
法律的な問題があって請求できないケースは非常によくあります。

不倫トラブルの示談書作成なら
専門の当相談室までお気軽にご相談を下さいませ。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena