不倫相手が夫を貞操権侵害で訴える!?

こんにちは!

夫婦問題カウンセラーの木村浩康です。

私は行政書士として、不倫の慰謝料請求書作成のご相談も
専門的に承っていますが、

夫の不倫相手に慰謝料請求書を郵送すると、
不倫相手が「夫に騙された」と返事をすることがよくあります。

不倫が始まる前に、

「うちの夫婦関係は終わっている」
「もうすぐ妻と離婚になるから」

「離婚して早く一緒になりたい」
「もう妻に対する愛情はない」

夫がそんなことを言っていたら、
夫の不倫相手は騙されたと思うでしょう。

夫の「離婚する」という言葉を素直に信じたのなら、
貞操権侵害で夫を訴えたい気持ちになるかもしれませんが、

夫が不倫相手を強引に誘うなど、不倫相手の違法性より
夫の違法性の方が強くないと貞操権侵害の主張はできません。(判例)

夫が既婚者と知っていて、お互いに納得してのお付き合いなら、
貞操権侵害による慰謝料請求は不可能ですし、

夫と結婚の約束をしていても、夫婦関係が形骸化していない限り、
その婚約は法律的に無効で、何の意味もありません。

よくあるのが、こちらが離婚しないのをよく知っていて、
「慰謝料請求と取り下げないと夫に責任を取らせる」と脅してくるケース。

「夫が慰謝料請求されるのがいやなら、慰謝料請求を取り下げろ」
と不倫相手が主張してきたり、

ひどい話になりますと、
不倫相手の親が夫の会社に堂々と乗り込んできて、

「オマエが妻の慰謝料請求を取り下げさせろ、でないと会社に不倫をバラす」
と脅した事件もありました。

さらに悪質なのは、夫がその筋書きを書いているケース。
被害者ぶっていて、実はすべて夫の策略であることもよくあります。

いずれにしても、貞操権侵害で夫を訴えるという話は、
単なる脅しに過ぎないことが多いのでご留意を。

もちろん、夫と離婚するなら、
夫を煮るなり焼くなり好きにしろという話ですが、、、

以上、夫の不倫相手に慰謝料請求をした場合に、
よくある返答の話でした。慰謝料請求のご参考になれば幸いです。

********************

ふくやまmirai離婚相談室

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

民事法務専門 / 木村法務行政書士事務所

行政書士木村浩康

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena