パートナーの不倫相手に慰謝料請求!

パートナーに不倫相手がいたことを知れば、
誰だって冷静ではいられません。

直ちに不倫を止めさせて、不倫相手に謝罪と
慰謝料を求めたいと思うのは当然です。

不倫が発覚しても不倫を止めない場合には、
なおさら許せぬ思いが強まります。

この上ない苦しみを味わされた以上、慰謝料を払わせたいと思うのは当然ですし、
故意・過失がある限り、不倫相手は慰謝料の支払義務を免れません。

とはいえ、不倫相手に強く迫ったり、慰謝料請求の仕方が悪ければ、
不倫相手に逃げ道を与えてしまいます。

「脅迫された」「強制的にサインをさせられた」「名誉を棄損された」
などと主張されたら面倒なので、慰謝料請求には細心の注意が必要です。

当相談室におきましては、
不倫相手に対する慰謝料請求のご相談も専門的にお受けしています。

ご依頼を受けて、法律的に間違いのない慰謝料請求書を作成し、
不倫相手から正当な慰謝料を得るためのサポートを致します。

パートナーの不倫相手に慰謝料請求したいけど、どうしたらいいか悩んでいる、
そんなときには、専門の当相談室までお気軽にご相談を下さいませ。

不倫トラブルの示談書作成

不倫トラブルを解決する場合、
示談書を作成することがよくあります。

そして、示談書の作成につきましては、
当事者のどちらが作成しても構いません。

しかし、パートナーの不倫があっても
離婚をお考えでない場合には、

二度とパートナーに近づかない旨の誓約と誓約違反の違約金の設定、
パートナーに対する求償権放棄の定めの設定、

慰謝料が分割払いになる場合には、不払い時に強制執行ができる条文にするなど、
慰謝料を受け取る側が示談書を用意した方が良いケースがございます。

もちろん、パートナーの不倫相手との示談契約自体に何の問題もなく、
契約が法律的に有効に成立しないと示談書を作成する意味がございません。

当相談室では、不倫トラブルにおける示談書の作成も専門的に承っています。
ご依頼を受けて、法律的に間違いのない示談書を早急に作成致します。

不倫相手と直接面会して示談書を作成するケースもありますが、
そういった場合のお付き添いも致します。

問題を解決したつもりが、あとあと紛争の蒸し返しとなりましたら、
示談書を作成する意味がございません。

あとにトラブルを残さない、法律的に間違いのない示談書を作成したい、
そんなときには、専門の当相談室までお気軽にご相談を下さいませ。

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena