パートナーの不倫相手に慰謝料請求!

夫(妻)の不倫相手の存在を知れば、
慰謝料請求のことが気になります。

不倫のせいで離婚の危機が迫ったり、
不倫相手が不倫を止めようとしない場合、

不倫相手に慰謝料を求めたいと思うのは当然で、
強い怒りと許せぬ思いが募ります。

勿論、不倫相手は、故意・過失がある限り、慰謝料の支払義務を免れず、
不倫が悪質であればあるほど慰謝料は高額となります。

とはいえ、感情に任せて強い態度で慰謝料を求めたり、
慰謝料請求の仕方が悪いと不倫相手に逃げ道を与えてしまいます。

「脅迫された」「脅されて書類にサインをさせられた」
そんな主張されないよう、慰謝料請求を行う場合には細心の注意が必要です。

また、不倫の慰謝料請求権の時効が、
不倫の事実と不倫相手を知った時から3年であるのはよく知られていますが、

『不倫相手を知った時』とは、慰謝料請求できる程度知った時、
すなわち、不倫相手の住所氏名を知った時である点にご注意下さい。

不倫の慰謝料請求における証拠について

不倫相手に慰謝料請求をする場合、
まずは、不倫の確実な証拠を揃えることが必要となります。

とはいえ、証拠が本当に必要となるのは訴訟の段階であり、
示談交渉の段階では証拠を提示する必要はありません。

そのため、証拠を持っていなくても『証拠を持っている』
と思わせることができれば、話を優位に進めることができます。

夫(妻)に話すことは不倫相手に筒抜けだということに注意して、
確実な証拠を持っていると思わせましょう。

夫(妻)に証拠がないことを知られてしまったら、
不倫相手はどこまでもシラを切るようになりますのでご注意を。

不倫相手に要求する慰謝料について

不倫相手に要求する慰謝料の金額は、
まさにケースバイケースで、基準というものはありません。

ただし、離婚になる場合とならない場合とでは金額に差があり、
訴訟において離婚になるケースは多くて300万円程度。

離婚にならないケースは、数十万円~100万程度となっていて、
受けるダメージと比較して、金額は決して多いとは言えません。

とはいえ、不倫相手が不倫が公になることや裁判を嫌がれば、
たとえ証拠がなくても、相場よりも高額な慰謝料を支払いますし、

不倫相手に失うものがなく、裁判をされても平気ならば、
たとえ調査会社の証拠があっても、慰謝料ゼロがありえます。

ちなみに、不倫は共同不法行為となるため、
不倫相手に慰謝料請求をしても、夫(妻)支払えば請求できなくなります。

そのため、不倫相手と示談契約をする場合には、
自己責任で支払う確約をするなどの押さえが必要となります。

また、あまりに破格な慰謝料を要求すると弁護士が出てきます。
そうなりますと、慰謝料が激減しますのでご注意下さい。

不倫の慰謝料請求のやり方 ①直接交渉する

不倫についての証拠のめどが立てば、
不倫相手に対して何らかのアクションを起こすことになりますが、

一刻も早い解決を優先するなら、
不倫相手と直接会って示談交渉をすることが考えられます。

不倫相手にとって、一番怖い状況は、
怒り心頭の夫や妻が、血相を変えて自分のところに来ることです。

夫や妻の勢いや剣幕に押されて不倫相手がすぐに降伏し、
あっという間に事件が解決することがよくあります。

とはいえ、直接交渉にはリスクがつきもので、
あとから「脅された」「無理やり書かされた」と難癖をつけられたり、

不倫相手と直接相対したことによって、感情を抑えきれなくなり、
大声が出たり、暴力的な行為に及んでしまうこともよくあります。

不倫相手の反省のない態度を見てさらに傷ついたり、怒りを感じたり、
ひどく劣等感を感じるなど、メンタルに及ぼす悪影響も無視できません。

不倫相手を見たことによって、事件がフラッシュバックしやすくなり、
夫婦修復に悪影響を及ぼすケースもよくあります。

以上、直接交渉は、もっとも手っ取り早い解決が見込めますが、
それをすることによる悪影響を見過ごすことはできません。

不倫の慰謝料請求のやり方 ②弁護士に依頼する

弁護士に解決を依頼すれば、不倫相手と交渉する必要はなくなります。
弁護士があなたの代理人になって問題を解決してくれます。

あれこれ考える必要がなくなるため、精神的に非常に楽になります。
弁護士が導き出した結果であれば、ある程度納得もできます。

ただし、弁護士に依頼する場合は、確実な証拠を持っている必要があり、
それがないと、なかなか受任してもらえません。

受任してもらっても、先行投資として着手金を支払う必要があるため、
数十万円程度、まとまったお金を用意する必要が生じます。

不倫相手に請求できる慰謝料が100万円以下の場合だと、
費用倒れになることを覚悟せねばなりません。

不倫の慰謝料請求のやり方 ③書面で慰謝料請求をする

直接交渉をするには大きなリスクを感じ、
弁護士を依頼するには証拠と費用の面で大きな問題がある、

そのような場合には、内容証明郵便などの書面を利用した
慰謝料請求のやり方が考えられます。

内容証明郵便を送っても、無視されたら終わりで意味がない、
という意見もありますが、

誰だって裁判はイヤなものですから、
内容証明郵便の段階で解決できる可能性は十分あります。

何も失うものがない人でない限り、何らかの返答をしてくるのが普通で、
不倫相手をいかに示談交渉のテーブルに乗せるかが大事となります。

書面による慰謝料請求の法的サポート

当相談室におきましては、夫の不倫相手に対する慰謝料請求の
ご相談も専門的にお受けしています。

前述のとおり、不倫相手を示談交渉のテーブルに乗せることが重要で、
最初に郵送する慰謝料請求書が非常に重要な意味を持ちますが、

ご依頼を受けて、法律的に間違いのない慰謝料請求書を作成し、
夫の不倫相手から正当な慰謝料を得るためのサポートを致します。

書面で慰謝料請求を行うと、多くの場合、慰謝料の減額要求があるため、
「郵便1通送ってはい終わり」という訳にはいきませんし、

金額の折り合いをつけるために何度も郵便のやり取りをし、
折り合いがついたら今度は示談書や公正証書作成のやり取りがありますが、

当相談室が、無制限・無期限に法律書類の作成代理を行って、
不倫トラブルの早期解決を目指します。

不倫相手に慰謝料請求をお考えの際は、
不倫トラブル専門の当相談室までお気軽にご相談を下さいませ。

不倫の慰謝料請求のご相談事例は こちら!

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena