夫の不倫相手に慰謝料請求!

夫が陰で不倫をしていたことを知れば、
誰だって冷静ではいられません。

直ちに不倫を止めさせて、不倫相手に謝罪と
慰謝料を求めたいと思うのは当然ですし、

不倫が発覚しても不倫を止めない場合には、
なおさら許せぬ思いが強まります。

しかし、不倫相手に慰謝料請求する場合は、十分注意をしなければなりません。
責任追及のやり方を間違えますと、名誉棄損などで訴えられることがあり、

不倫相手の不遜な態度に業を煮やして、強い態度を取りますと、
「無理やり合意をさせられた」「脅迫された」などと言われる危険がございます。

不倫相手に対する慰謝料請求のことなら専門の当事務所にお任せ下さい。
法律に基づく慰謝料請求書を早急に作成し、慰謝料を得るための法的サポートを致します。

不倫トラブルの示談書作成

夫の不倫が発覚し、その不倫相手と、
示談書を作成することになった場合、

夫と離婚することまで考えていない場合には、
不倫が二度と繰り返されないよう、

不倫相手に、夫に近づかない旨の誓約を、
確実にしてもらわねばなりません。

そして、その誓約が守られるよう、示談書には誓約違反の違約金設定が必要となり、
あとで夫が責められないよう、不倫相手の求償権放棄の条文も欠かせません。

また、不倫相手の支払能力の関係で、慰謝料が分割払いとなる場合には、
不払いがあったときに、すぐに強制執行ができるよう、公正証書を巻く必要がございます。

不倫トラブルの示談書作成なら、専門の当事務所にお任せ下さい。
ご依頼を受けて、あとにトラブルを残さない、正式な示談書を早急に作成致します。

公正証書の作成につきましても、早急に公正証書の草案を作成し、
不倫相手の代理人となって公証役場に出頭し、公正証書作成のサポートを致します。

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena