不倫の慰謝料請求の法的サポート

夫の不倫を知れば、不倫相手に対する
慰謝料請求のことが気になります。

不倫相手のせいで離婚の危機が迫ったり、 
不倫相手が不倫を止めようとしない場合、

許せない気持ちになるのは当然で、
慰謝料を求めたい気持ちが高まります。

もちろん、夫の不倫相手は、故意や過失がある限り、
慰謝料の支払義務を免れることはできません。

夫の不倫相手が夫に執着して、あからさまに離婚を迫るなど、
不倫が悪質であればあるほど慰謝料は高額となります。

とはいえ、冷静さを失って、気持ちに任せて行動すれば、
不倫相手に逃げ道を与えてしまいます。

夫の不倫相手に「脅迫された」などと言われたら、
慰謝料請求が難しくなりますので、十分注意が必要です。

夫の不倫があっても離婚が考えられない場合には、
慰謝料請求を行う時期やタイミングもよく考えなければなりません。

当相談室では、夫の不倫相手に対して
慰謝料請求をお考えの方のご相談も専門的に承っています。

ご依頼を受けて、法律的に間違いのない慰謝料請求書を作成し、
示談書にサインができるまでの法的サポートを致します。

夫の不倫相手に直ちに不倫を止めること、
そして、慰謝料を要求したいけど、どうしたらいいか悩んでいる、

そんなときには、
不倫トラブル専門の当相談室までお気軽にご相談を下さいませ。

慰謝料請求のブログ日記は こちら!

不倫トラブルの示談書作成

夫の不倫相手に慰謝料請求を行って
不倫相手と示談が成立した場合、

示談書を作成することがよくありますが、
その内容はよく吟味しなければなりません。

不倫再燃防止のための違約金の設定、
夫の不倫相手の求償権放棄の設定、

秘密厳守の設定、管轄の合意の設定、
慰謝料が分割払いになった場合の期限の利益喪失設定、など。

示談書のサンプルは、ネット上にたくさんありますが、
生知識での作成は怪我のもと。

法律的に問題があったり、漏れや抜けが生じやすいので、
参照する場合は十分注意をしなければなりません。

当相談室では、不倫トラブルの示談書作成も専門的に承っています。
ご依頼を受けて、法律的に間違いのない示談書を早急に作成致します。

夫の不倫相手が示談書を提示してくるケースもよくありますが、
その場合には、示談書の内容の法的チェックを致します。

簡単なように難しいのが示談書の作成です。
不倫トラブルの示談書作成なら、専門の当相談室にお任せ下さい。

離婚回避 夫婦修復ブログ日記

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena