夫の不倫相手に慰謝料請求!

夫の不倫相手の存在を知れば、
慰謝料請求のことが気になります。

不倫のせいで離婚の危機が迫ったり、
不倫相手が夫から離れようとしない場合、

不倫相手に慰謝料を求めたいと思うのは当然で、
強い怒りと許せぬ思いが募ります。

勿論、不倫相手は、故意・過失がある限り、慰謝料の支払義務を免れず、
不倫が悪質であればあるほど慰謝料は高額となります。

とはいえ、感情に任せて強い態度で慰謝料を求めたり、
慰謝料請求の仕方が悪いと不倫相手に逃げ道を与えてしまいます。

「脅迫された」「脅されて書類にサインをさせられた」
そんな主張されないよう、慰謝料請求を行う場合には細心の注意が必要です。

当相談室におきましては、夫の不倫相手に対する慰謝料請求の
ご相談も専門的にお受けしています。

ご相談者様のつらいお気持ちに寄り添いながら、
夫の不倫相手から正当な慰謝料を得るためのサポートを致します。

夫の不倫相手に慰謝料請求をお考えの際は、
不倫トラブル専門の当相談室までお気軽にご相談を下さいませ。

不倫の示談書・誓約書・念書作成

当相談室では、夫の不倫問題を解決するための
示談書作成も専門的に承っています。

夫の不倫相手から慰謝料を受け取る場合、
示談書へのサインを要求されることがよくあります。

そして、示談書や和解契約書の作成については、
当事者のどちらが作成しても構いません。

しかし、示談書は、慰謝料がキチンと支払われるような内容にしなければなりませんし、
示談契約自体が法律的に有効に成立しないと意味がありません。

不倫はあっても離婚をしない場合には、二度と夫に近づかない旨の誓約条文、
再び夫と接触した場合の違約金設定、夫に対する求償権放棄の設定や、

慰謝料が分割払いになる場合に、不払い時に強制執行ができる条文にするなど、
慰謝料を受け取る側が示談書を用意した方が良いケースがあります。

ご依頼を頂ければ、法律的に間違いのない示談書を早急に作成致し、
夫の不倫相手と直接面会して示談書を作成する場合には、そのお付き添いも致します。

夫の不倫相手が作成した示談書の法的チェックや、
夫の不倫相手に書かせる誓約書や念書のご相談も承ります。

不倫トラブルの示談書作成、不倫の再燃を防止する誓約書や念書の作成なら、
専門の当相談室までお気軽にご相談を下さいませ。

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena