夫の不倫相手に慰謝料請求!

夫の不倫を知れば直ちに不倫を止めさせたい、
不倫相手に責任追及したいと思うのは当然です。

しかし、よく考えず、感情的に行動をすれば、
不倫相手に逃げ道を与えてしまいます。

不貞行為の確実な証拠のない中、自分の憶測や
夫の自白だけでやみくもに行動を起こしたり、

不倫相手の職場に押し掛けるなど、不適切な行動や暴力的な態度をとりますと、
逆に不倫相手から、脅迫、名誉棄損などで刑事告訴を受ける危険がございます。

夫の不倫相手に慰謝料請求をする場合、どの証拠を用いてどのように請求をするか、
よくよく考えてから行動に移さなければなりません。

夫の不倫相手がわかったので、証明力のある内容証明郵便で慰謝料請求をしたい、
夫の不倫相手に慰謝料請求をしたけど、うまくゆかずに悩んでいる、

不倫の慰謝料請求の仕方について、専門的なアドバイスが欲しい、
そんなときには、不倫トラブル専門の当事務所までお気軽にどうぞ。

夫の不倫相手を容赦しない、法的に間違いのない慰謝料請求書を早急に作成し、
不倫相手から正当な慰謝料を得るための法的サポートを致します。

不倫トラブルの示談書作成

夫の不倫が発覚したけど、
まだ離婚までは考えていない場合、

二度と夫に近づかない旨の誓約文、
不倫の再燃を防止するための違約金設定、

そして、秘密を厳守することを確約する
示談書の作成が欠かせません。

夫の不倫相手から慰謝料の領収書や示談書を要求された場合も、
あとでトラブルにならない示談書や和解契約書の作成が必要となって参ります。

不倫トラブルの示談書作成なら、民事法務専門の当事務所にお任せ下さい。
ご依頼を受けて、法律的に間違いのない示談書を早急に作成致します。

公正証書の作成サポート

夫の不倫相手と示談をする場合において
慰謝料の支払いが分割となる場合、

将来の分割金の不払いに備えて、
公正証書で示談契約をしておけば安心です。

なぜなら、公正証書で示談契約をしておけば、
裁判をすることなく、強制執行をすることができるからです。

この「一度でも不払いをしたらすぐに強制執行をされてしまう」との恐怖感が、
毎月の支払いを、より確実なものにしてくれます。

ただし、公正証書の作成は、平日しかできませんし、
代理人を依頼しないと、夫の不倫相手と顔を合わる必要が生じます。

公正証書の作成なら、専門の当事務所にお任せ下さい。
早急に公正証書の文案を作成し、一方の代理人として公証役場に出頭を致します。

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena