夫の不倫相手に慰謝料請求!

当相談室では、夫の不倫相手に対する
慰謝料請求のご相談も専門的にお受けしています。

夫の不倫、不貞行為が発覚した場合、
その不倫相手は共同不法行為者となります。

そして、この共同不法行為責任は、
不倫相手に故意・過失がある限り発生します。

「夫の方が不倫に積極的だった」「夫からもう離婚すると聞いていた」
などという言い訳は法律的に通用しません。

また、保護法益が「婚姻共同生活の維持という権利または法的保護に値する利益」
であるため、夫の不倫相手は、肉体関係がなくても慰謝料の支払いを免れません。

さらに、不倫における慰謝料債務は、「不真正連帯債務」であるため、
夫が妻から慰謝料を免除されていても、不倫相手は妻に慰謝料を支払わねばなりません。

とはいえ、夫の不倫相手に慰謝料請求をするなら、不倫相手に逃げ道を与えないよう、
逆に名誉棄損や脅迫などで訴えられないよう、十分注意をしなければなりません。

慰謝料請求の仕方が悪くて裁判になれば、多額の弁護士費用が必要となりますし、
示談と比較して慰謝料も大幅に減額となりますので、請求の仕方には十分注意が必要です。

不倫の慰謝料請求なら、専門の当相談室までお気軽にどうぞ。
ご依頼を受けて、法的に間違いのない慰謝料請求書を作成し、示談契約の法的サポートを致します。

不倫が発覚した場合のお悩み相談

当相談室では、不倫が発覚した場合の
お悩み相談も専門的にお受けしています。

不倫は不法行為であり、許される行為ではありません。
真摯に謝罪して責任を負うべきものだと存じます。

しかし、夫や相手妻の主張や要求を
すべて受け入れる必要があるわけではございません。

夫にもDVなどの離婚原因があれば慰謝料を支払う必要はありませんし、
不倫をしたからといって、子供の親権、財産分与を諦める必要はございません。

相手妻の請求についても、最初は法外な請求であることが非常に多く、
「権利の濫用」を理由に、慰謝料請求自体が認められないケースもございます。

何はともあれ、不倫が発覚すれば、非常に厳しい責任追及を受けるのが普通です。
行き過ぎた責任追及を受けて精神的に追い込まれるケースはよくございます。

不倫で多額の慰謝料を支払うよう命じられ、どうしたらいいか悩んでいる、
誰にも相談できず、どうしたらいいか一人で悩んでいる、

そんなときには専門の当事務所までお気軽にどうぞ。
お抱えになられた不倫トラブル、不倫のお悩みを解決するため尽力致します。

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena