不貞行為とは?

民法770条1項1号の離婚事由である「不貞な行為」について、裁判所は、

「配偶者のある者が、自由な意思に基づいて、配偶者以外の者と性関係を結ぶこと
をいい、相手方の自由な意思に基づくものであるか否かは問わない」

と判示しています。(最高裁判例昭48.11.15)

従いまして、例えば、夫が妻以外の女性と頻繁にデートをしたり、キスをしたり、
好意を持って頻繁にメールやラインをすることは、不貞とはいえません。

不貞行為は、自由な意思に基づくものであることが前提となりますので、
妻が強姦の被害に遭っても不貞行為にはなりません。

他方、夫が他の女性を強姦した場合には、不貞行為を行ったことになり、
夫が買春行為、1回限りの性的関係を持った場合も不貞行為となります。

不貞行為は、異性間の性的関係を前提としていますので、同性間において性的関係を
もつことは不貞行為にはなりませんが、婚姻を継続し難い重大な事由となります。
 

不貞行為の証明責任

離婚の裁判において相手が不貞行為を否認した場合、相手が不貞行為をした事実を、
確実な証拠をもって証明する必要が生じます。

相手の不倫が発覚した当時、不貞を素直に認めていたのに、
いざ本格的な離婚の話し合いになると、一転して否定することはよくあります。

「相手に強く追及され、不貞を認めない何をされるかわからなかったから、
止むを得ず、その場では不貞を認めた」などという弁論もしばしばなされます。

従いまして、相手に対して不貞行為を理由に離婚を要求するなら、
言い逃れのできない不貞の証拠を押さえる必要があります。
 

一度不貞を許していたら離婚できない?

離婚の話し合いにおいて、「一度不貞を許したのだから、不貞は離婚原因にならない、
離婚は認められない」との主張がなされることがよくあります。

しかし、裁判におきましては、相手に不貞を許した過去があるという、
ただその出来事だけをもって離婚の要求が棄却される訳ではありません。

不貞に至るまでの経緯や、不貞を許した後の様子が総合的に考慮され、
現在夫婦関係が破綻しているなら、一度不貞を許していても離婚は認められます。

ただし、相手が不貞を反省し、真剣にやり直しを望んでいる場合には、
すぐさま破綻が認められることはなく、ある程度の別居期間が必要となります。
 

夫婦関係破綻後の肉体関係は?

夫(妻)が、夫婦別居となった後に他の異性と交際を始めたり、
同棲を始めたりすることはよくあります。

夫婦関係が破綻した後の交際の場合、夫婦関係の破綻は、その人との交際に
よるものでなく、因果関係はないので、不貞行為には該当しません。

別居中の相手が、他の異性と交際を始めたことが明らかとなれば、
やり直す気がないことがはっきりし、夫婦関係破綻はより明確となります。
 

不倫をした配偶者からの離婚要求は?

離婚原因を作った有責配偶者からの離婚要求が認められるかどうか、
不倫をした者から離婚要求することが認められるかどうかがよく問題となりますが、

①別居期間が長期間に及んでいること。

②未成熟子がいないこと。

③他方の配偶者が経済的苦境に立たされるなど、過酷な状況にならないこと。

 
以上の条件を満たした上、信義誠実の原則に反する特段の事情がないならば、
有責配偶者からの離婚要求も認められます。(最高裁判決昭62.9.2)

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena