夫との離婚を回避するうえでの注意点

当相談室では、夫から離婚したいと言われて
悩んでいる方のカウンセリングを専門的に承っています。

夫から離婚要求を受けた場合、夫が強硬に離婚を主張して、
妻の話を受け付けなくなるのが普通です。

いくら夫に「考え直して欲しい」と訴えても、
「もう無理」「もう遅い」と突き放されるケースはよくあります。

確かに、男がひとたび『離婚』という言葉を口にした以上、
その言葉を覆すのは大変です。

しかし、妻に対する離婚要求は、夫にとってもリスクであり、
それが苦渋の決断であることもよくあります。

夫から強く離婚と言われても、適切な行動を取ることができれば、
離婚を回避できる可能性はゼロではございません。

世間で言われるほど、離婚回避が絶望的なわけでなく、
無事に離婚を回避できたケースは、当相談室にたくさんございます。

夫から離婚要求を受けた場合、
まずは、以下の点に注意をしなければなりません。

1.夫の離婚理由を鵜呑みにしない

夫はよく「性格の不一致」が離婚の理由だと言いますが、
それは表向きの当たり障りのない理由に過ぎません。

夫は、本当の理由を隠していることがよくありますし、
ACなど、内面の問題が関係していることもよくあります。

夫の離婚理由を真に受けて夫婦修復の努力をしても、
離婚を回避することはできません。

夫から離婚要求を受けたら、精神的に追い詰められますが、
夫の言葉を鵜呑みにしないよう、十分注意をして下さいね。

2.夫の離婚理由に反論しない

夫からありえない離婚の理由を聞かされたら、
思わず「それは違う」と夫に反論したくなります。

夫が勘違いしていると感じたら、誤解を解かなければと思って、
自分の立場の弁明をしたくなります。

でも、夫に反論すればするほど、そして、弁明をすればするほど、
余計夫の気持ちが離れますので、ご注意を下さいね。

離婚要求をした直後の夫は、何も聞く耳を持たないのが普通です。
反論をすればするほど離婚が加速します。

3.必要もないのに謝罪や土下座をしない

夫から「もう離婚!」と言われたら、誰だって焦りますし、
何でもするから離婚を取り下げてもらいたい気持ちになります。

でも、必要もないのに謝罪をしたり、
夫に言われるまま土下座をするのは絶対にNGです。

それは、理不尽な夫の離婚要求を正当化することになりますし、
土下座などしてしまったら、自分の尊厳が保てません。

夫は、一緒にいる価値がないと思ったから離婚要求をしたのです。
それなのに、土下座をしたら、ますます自分の価値を下げることになります。

4.慌てて良い妻を演じない

夫から離婚と言われて初めて、夫に甘え過ぎていたことに気がついたり、
日頃の態度が悪かったことに気が付くケースはよくあります。

でも、慌てて夫の前で良い妻を演じても、
夫に「何を今さら!」と思われるだけで、何一つ効果はありません。

夫からはすべて痛々しく見えるに過ぎず、
して欲しくないことをされて、激怒されるかもしれません。

夫から離婚要求を受けた場合、うわべを取り繕うようなことはせず、
じっくり腰を据えて根本の問題を解決する必要があります。

5.夫ととことん話し合わない

夫から離婚だと言われたら、どうして離婚したいのかが知りたくて、
とにかく夫の気持ちを聞きたくなります。

そして、お互いに言いたいことを言い合うことができれば、
子供もいることだし、もう一度分かり合えるような気がします。

でも、夫は、我慢に我慢を重ね、この先どうしたらいいか、
何度も自問自答を重ねた末に離婚を切り出しているのが普通です。

そして、今さらもう話すことはないと思っているのが普通なので、
夫が離婚を切り出した直後は、話し合いは全くの無意味です。

それどころか、話せば話すほど「やっぱりコイツはダメ」と思われて、
夫に離婚の決意を固めさせることになります。

お互いに理屈を超えて感情的になりやすい状態にありますので、
「売り言葉に買い言葉」で決定的な亀裂が生じるかもしれません。

従いまして、夫との離婚を回避したいなら、離婚要求を受けた直後は、
夫の気持ちの受容だけに留め、『話し合い』を絶対にしないようにしてくださいね。

『話し合い』は、自分の気持ちを整理して、夫軸から自分軸になり、
心に余裕を持てるようになってから行うのがベストです。

以上、まだまだ注意すべきことはありますが、
夫から離婚を切り出された場合の基本的な注意事項を述べて参りました。

夫から離婚要求を受けて、今は本当につらくて苦しい状況だと存じます。
でも、方法はまだありますから、簡単に諦めないで下さいね。

誰かに悩みを相談したいけど、身近に相談する人がいない、
夫から離婚を催促されて、どのように対応したらいいか悩んでいる、

夫から離婚要求を受けて、身も心もボロボロになっている、
つらくて、苦しくて、大きな不安に怯えている、

そんなときには、お気軽にご相談を下さいませ。
明るいあしたを取り戻すためのカウンセリングを親身になって致します。

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena