婚姻を継続し難い重大な事由による離婚

夫婦において婚姻を継続することが難しい、何らかの重大な事実があり、
それによって夫婦関係が破綻し、回復の見込みがない場合も離婚は認められます。

この民法770条5号の離婚原因は、相手配偶者の有責な行為を要件としません。
しかし、下記のような具体的な事情が必要となります。
 

配偶者からの暴力

たとえ夫婦であっても、配偶者からの暴力は絶対に許されるものではありません。
暴力は刑法上の暴行罪や傷害罪に該当し、5号の離婚原因となります。

離婚原因となる暴力は、身体に対する暴力、言葉の暴力に限らず、
遺棄、妻とみなさない、過度の束縛などの精神的暴力、経済的暴力をも含みます。

暴力を振るうのが配偶者ではなく、その親族であっても5号に該当する場合があり、
例えば嫁いびりに夫が加担していた場合には、5号の離婚原因に該当します。

どの程度の暴力があれば離婚が認められるかについては明確な基準はなく、
人それぞれ、暴力についての意味合いや感じ方は異なりますが、

その暴力があることによって健全な婚姻関係を維持できず、夫婦関係が破綻し、
もはや回復できない状態にあれば離婚は認められます。
 

セックスレス

夫婦であっても人はそれぞれ性についての自己決定権をもっています。
妻だからといってセックスに応じなければならない義務はありません。

ただし、一方が性交渉を強く望んでいるのに、他方が応じない場合には、
それをキッカケとして夫婦関係にひびが入っていくのは当然のなりゆきです。

セックスレスについて裁判所は、婚姻が男女の精神的・肉体的結合であり、
性交渉の重要性に鑑みれば、性交渉の拒否には特段の事情を必要とするとし、

病気や老齢など特段の事情のない限り、長年にわたり性交渉がないことは、
原則として婚姻を継続し難い重大な事由にあたるとしています。

ただし、セックスレスが即破綻の認定につながるわけではなく、
婚姻中の生活全般を見て、夫婦関係が破綻しているか否かが判断されます。
 

過度の宗教活動

信教は個人の自由な権利であり、信教に基づく宗教活動も個人の自由です。
しかし、夫婦には相互協力扶助義務があり、円満を保つ義務があります。

配偶者が宗教活動にのめり込み、家庭を顧みなくなったことが原因となって
夫婦関係が破綻すれば、5号によって離婚が認められます。

何を信仰し、何を信仰しないかは、その人の人格の核心部分であるため、
その強い信仰に基づく価値観をもった配偶者の説得は容易ではありません。
 

親族間の不和

同居の嫁姑問題について、それが普通の人なら耐えがたい程度のものであり、
それが原因となって夫婦関係が破綻しているなら離婚は認められます。

夫がマザコンだったり、妻が実家離れをしていない場合も同様で、
配偶者より親や実家を優先する態度は、夫婦の協力義務に違反する行為となります。

妻より母親を大事にし、妻を人生最良のパートナーとして扱わないのであれば、
夫婦の信頼関係など築けずはずがありません。

その程度が酷ければ、婚姻を継続し難い重大な事由となりますが、
相手が反省し、復縁を望んでいる場合には、ある程度の別居期間が必要となります。
 

性格の不一致

裁判所に訴える離婚原因の中で一番多いのがこの性格の不一致ですが、
単に性格の不一致があるだけでは、離婚は認められません。

なぜなら、お互いに育った環境が違い、考えが一致しないのは当然で、
多少の不一致は、お互いの努力によって克服すべきものであるからです。

しかし、夫婦において価値観の隔たりや生活スタイルの違いが非常に大きく、
それにより夫婦関係が破綻しているのであれば、5号の離婚理由となり得ます。
 

その他、婚姻を継続し難い重大な事由

婚姻を継続し難い重大な事由に制限はありません。
相手配偶者の有責な行為であることも必要とされていません。

自分では、当たり前のこと、当然のことをしていると思っていても、
相手から見れば、婚姻を継続し難い重大な事由となっているかもしれません。

犯罪による逮捕、同性愛、異常性欲、アルコール中毒、ギャンブル依存症、
多額の借金、乱費、浪費、過度の吝嗇、勤労意欲の欠如、アスペルガー症候群 他

以上のようなことがあって夫婦関係に亀裂が生じ、完全に破綻した状態となれば、
婚姻を継続しがたい重大な事由があるとして、離婚が認められる可能性があります。

 

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena