夫から離婚要求を受けて、ついついやってしまいがちなこと!?

こんにちは!

夫婦問題カウンセラーの木村浩康です。

夫からまさかの離婚要求!

いくら夫との夫婦関係が悪くなっていたとはいえ、
本当に離婚を切り出されたら、妻はとても強い精神的苦痛を被ります。

夫が離婚という言葉を出して、自分と別れようとしている、
そのことだけで、妻は立ち直れないほどの苦痛を感じます。

『夫には何を言っても許される、少々のことは大丈夫。』

そんな風に、夫に甘え過ぎていたことに気が付いて、
いくら夫に謝っても、「もう遅い」と冷たく突き放され、

夫の気持ちを取り戻そうと頑張れば頑張るほど、
夫の気持ちがどんどん離れてしまうのはよくある話です。

そんな離婚の危機的な状況をどうやって打破したらいいか、
どうしたら夫が離婚を思い留まってくれるのか、

さんざんネットで検索をしたり、ブログを読み漁るなど、
夫婦修復について大いに悩むことになりますが、

ついつい夫に盲目的に服従したり、
夫の顔色を見ながら夫婦修復活動をしてしまいがち。

でも、「夫がどう思うか」で動くとうまくいきません。
夫にますます愛想を尽かされて離婚が加速しますのでご注意くださいね。

夫から離婚要求を回避して、もう一度夫婦円満を目指すなら、
まずは、信頼できる人に早めに相談をして「話をする」ことです。

人に話すことによって、心に余裕を持てるようになります。
人に話すことによって、気持ちの整理もできるようになります。

ひとりで頭の中だけで考えていたら、気持ちの波が激しくなり、
どんどん悪い方に流れてしまいますのでご注意を!

さらに、相談先にもご注意くださいね。

不倫をした夫から離婚要求を受けた場合、義父母に相談することがよくありますが、
息子との縁は切れないために、適当にあしらわれることはよくあります。

「あなたがしっかりしてないからそうなった」「それはあなたのせい」
と言われてさらにショックを受けるケースもよくあります。

また、『離婚のことは離婚経験者』に聞けとばかり、
強者の離婚経験者にアドバイスを求めることもよくありますが、

離婚経験者は、自分の経験を人に語れるのが嬉しくて、
離婚の同志同類になりたがる方が多いという点にも注意が必要です。

なお、いずれの方に相談するにしても、
誰かに相談したことを夫に知られたらいけません。

世の男性は、自分の家庭の内のことについて、
人にとやかく言われたり、説教されるのを非常に嫌います。

妻の見方をするのはどこの誰なのか、
夫はさりげなく目を光らせているかもしれません。

そして、相手によっては容赦しない気分になりますので、
その点にもご注意を下さいね。

以上、夫から離婚要求を受けた場合に注意すべきことのお話でした。
ご参考になれば幸いです。

********************


夫婦再構築ランキング

ふくやまmirai離婚相談室

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

夫婦修復カウンセラー木村浩康

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena