離婚調停の申立てを受けた!

夫(妻)から離婚を切り出され、離婚を拒否していると、
相手が業を煮やして離婚調停の申立てをしてくることがよくあります。

離婚要求を受けただけでもつらいのに、
離婚調停の申立てまでされたら、精神的苦痛は計り知れません。

どこかの専門家に依頼して法律手段を取ってきた、
そうまでして自分と離婚したいのかと思うと、絶望的な気分になりますし、

そこまでするなら、もう夫婦修復は無理なのではないか、
もう諦めた方が楽になるのではないか、そう思うのも無理はございません。

でも、相手の一方的な意思による不本意な離婚は、
あなtのその後の人生にとてつもないダメージを残します。

この先どんな結果になろうとも、自分の人生は自分で決めるべきですし、
納得できない離婚要求なら、納得できるまで離婚に応じるべきではありません。

離婚調停になっても夫婦修復できたケースはいくらでもございます。
簡単に諦めるとあとで必ず後悔しますので、ご注意を下さいませ。

離婚調停をうまく乗り切るには?

離婚調停の申立てを受けても、不貞行為やDVなど、
法律上の離婚理由がなければ、離婚調停は不成立になるだけです。

離婚調停で調停委員から離婚に応じるよう説得を受けるわけでなく、
離婚を強制させられることはありません。

でも、離婚を拒否したいなら、
その意思は離婚調停でハッキリ告げなければなりません。

そして、法律上の離婚理由がないことを
調停委員によくご理解を頂かないといけません。

とはいえ、裁判所という異質な空間の中、初対面の調停委員に対し、
これまでの経緯を冷静に説明するのは難しく、与えられる時間もわずかです。

調停委員を前にして、焦って頭が真っ白になったり、感情が激しく乱れたり、
言いたいことが言えないまま調停が終わってしまうことはよくあります。

そうなりますと、相手のペースで離婚調停が進んでしまいますので、
これまでの経緯や紛争の争点をまとめた事情説明書を事前に家裁に提出しておきましょう。

離婚調停の前に自分の言いたいことを事情説明書にまとめて提出しておけば、
口頭で説明する必要がなくなりますので、気持ちが非常に楽になります。

なお、家庭裁判所に提出する事情説明書は、
これまでの経緯をただ羅列しただけでは、ほとんど意味をなしません。

自分の気持ちや相手に対する恨み辛みを書いてしまうことがよくありますが、
それは逆効果となりますので、ご注意を下さいね。

事情説明書は、夫婦が別居になった経緯、法律上の離婚理由の有無、争いの焦点など、
調停委員が知りたい情報をストーリーを意識してまとめるのがポイントです。

離婚調停の申立てをした方は、調停が自分の優位に運ぶよう、
しっかり準備をしているはずですから、抜かりのない準備が欠かせません。

とはいえ、家庭裁判所に行くというだけで不安になり、神経質になるのが普通です。
調停委員でうまく話せるかどうか不安になるのも無理はございません。

離婚調停の申立てを受け、どのように準備をしたらいいか悩んでいる、
離婚調停の期日が迫り、不安で不安でしょうがない、、、

そんな時には専門の当事務所までお気軽にどうぞ。
離婚調停をうまく乗り切るためのサポートを親身になって致します。

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena