夫から離婚要求を受けた場合に、ついつい陥りがちなこと!

こんにちは!

離婚回避カウンセラーの木村浩康です。

さて今回のお話は、夫から離婚要求を受けて、
ついつい陥りがちなこと。

それは、これといった解決策が見つからないまま、
時間だけがどんどん過ぎてゆくこと。

夫から離婚を宣告されたら、
目の前が真っ暗になってしまいます。

思考も停止してしまい、ひとりで抱えるには、
あまりにつらくて苦しい状況ですが、

だからといって、夫から三行半を突き付けられたなど、
なかなか人には言えません。

恥ずかしさや世間体の悪さを感じてしまって、
人に相談しにくいのが普通です。

親兄弟に相談すると、問題が大きくなってしまうと思い、
余計、ひとりで抱えてしまいがち。

でも、ひとりで夫の離婚要求に対処しようとすると、
離婚したい夫にどんどん追い詰められるのが普通です。

夫は、援軍のない妻をどんどん威圧して、
一生懸命諦めさせようとします。

そして、時間が経てば経つほど、夫婦に決定的な亀裂が入り、
修復不能に陥って離婚になるのが普通です。

ひとりだと、その場その場の気持ちに流されやすく、
目先の結果ばかり追ってしまいます。

ひとりだと、ストレスに押しつぶされ、
自暴自棄になって、自ら不幸を招いてしまいます。

ハンコを押して楽になりたい!!

でも、夫と離婚したら、後悔することばかりで、
ぜんぜん楽になりませんので、ご注意くださいね(^^)/

********************


ふくやまmirai離婚相談室

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

離婚回避カウンセラー木村浩康

ご相談窓口 tel 084-963-2351

*********************

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena