あなたの手紙が逆に離婚の切り札に!

こんにちは!

離婚回避カウンセラーの木村浩康です。

頑張ってきたのに夫に離婚したいと言われたら、
誰だってショックを隠せません。

そこまで嫌われたのなら無理かもしれないと思いつつ、
でも、そう簡単に応じられないのが普通です。

夫にまだ気持ちがあれば、なおのこと、
どうにかして夫との離婚を回避したいと願います。

そんな場合、

「離婚したくないなら謝罪文を書け!」

「何が悪かったか反省し、誓約書を書け!」

と夫に言われたら、

「私が悪うございました!!」

と夫に許してもらえるよう、
自分を悪者にして手紙を書くことになります。

そして、夫に「書き方が悪い!」と言われれば、
何度も書き直し、

夫に「このように書け!」と言われれば、
それに素直に従うのが普通です。

でも、夫に言われるまま不用意に手紙を書けば、
後で大変なことになるかもしれません。

本当は違うのに、あなたの手紙が夫の主張の根拠とされ、
後の調停や裁判で大きな不利益を被るかもしれません。

「手紙をかけば許してもらえる!」

そう思うと、
ついつい気持ちを込めて手紙を書きたくなりますが、

逆に離婚の切り札にされることがありますので、
十分ご注意を下さいませ。

夫に宛てて書く手紙は、
その内容と出すタイミングが非常に大切です。(^^)/

********************

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

ふくやまmirai離婚相談室

離婚回避カウンセラー木村浩康

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena