夫との離婚を回避したい場合の手紙の書き方は?

こんにちは!

離婚回避カウンセラーの木村浩康です。

当相談室では、夫との離婚を回避するためのご相談を
専門的に承っていますが、

夫に対する手紙の書き方について、
ご相談を頂くケースがよくございます。

夫から離婚要求を受けた場合、
夫に聞く耳をもってもらえないのが普通です。

そのため、とにかく今の気持ちを伝えたい、
どうやって今の気持ちを伝えようかと思い悩み、

メール?

LINE?

いやいや!

ここは、気持ちを込めて手紙を書くべし!!

そう思い立って、
手書きでお手紙を書くケースがよくあります。

でも、手紙の書き方や出すタイミングが悪いと逆効果。
ますます離婚を加速させることになりますのでご注意を下さいね。

夫に書く手紙の内容としてよくあるのが、

ぜんぶ誤解だからね!

そんなつもりはなかったよ!

これからは気をつけるね。

イロイロごめんね。

まだ愛してる。

・・・

でも、妻に離婚要求をした直後の夫は、

もう後戻りはできない!

どーやって早くケリをつけようか!

と考えている真っ最中。

ひたすら『自分の決断は正しい』と思いたい心境です。

そのため、あなたが自分の気持ちばかり並べても、
何一つ心には響きません。

夫に渡す手紙の内容にも、
忘れてはならないポイントがございます。

・オマエは変わらない!

・オマエはオレの気持ちがわかっていない!

その牙城をどう崩すかがポイントです。

文章力を駆使して、
夫の男としてのプライドに配慮した内容にして下さいね。

男性心理をよく理解し、文章力をバリバリ向上させ、
ここぞというときに手紙をお渡しをすると効果的。

がんばりましょうね。(^^ゞ

********************


ふくやまmirai離婚相談室

広島県福山市神辺町川南419-1

レイクタワービル503

離婚回避カウンセラー木村浩康

ご相談窓口 tel 084-963-2351

*********************

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena