離婚公正証書の作成サポート

当相談室におきましては、離婚公正証書の
作成相談も専門的にお受けしています。

夫と離婚の話し合いを進める場合、
まずはどういった条件で離婚をするか、

ご希望の条件を離婚協議書にまとめてから
話を進める形が宜しいかと存じますが、

夫の養育費や慰謝料の支払いが怪しい場合には、
離婚協議書に留まらず、公正証書で約束をしておけば安心です。

公正証書で約束をしておけば、不払いがあって強制執行をする際に、
裁判をする必要がないので非常に助かります。

夫の立場で考えますと、養育費の不払いをすれば、裁判を飛ばして
すぐに給料を差し押さえられることになりますので、不払いの抑止に繋がります。

とはいえ、簡単なようで難しいのが離婚公正証書の原案作成です。
公正証書の条文は、強制執行のできる給付内容・給付文言にしなければなりません。

もちろん、法律的に認められる離婚の条件を確認したうえで、
将来の母子の生活安定のため、少しでも良い条件で公正証書を作成する必要がございます。

離婚公正証書の作成なら、専門の当事務所にお任せ下さい。
ご依頼を受けて、少しでも有利な契約となりますよう、離婚公正証書の作成サポートを致します。

夫の代理人として公証役場に出頭!

離婚は「身分行為」に該当するため、
基本的に代理行為をすることはできません。

そのため、離婚公正証書の作成においては、
夫婦揃って公証役場に出頭するのが原則となります。

また、公証役場はカレンダー通りの営業のため
平日の日中に公証役場に出頭しなければなりません。

離婚公正証書を作成したいけど、夫と一緒に公証役場に行くことはできない、
夫も自分も仕事があるので、平日に公証役場に出頭することはできない、

そんな時には、専門の当事務所にお任せ下さい。
ご依頼を受けて、夫、夫婦双方の代理人となって公証役場に出頭を致します。

夫の養育費の支払いについて、妻が義父母と連帯保証契約をする場合には、
当事務所が義父母の代理人になって出頭を致します。お気軽にご相談を下さいませ。

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena