夫から離婚を切り出された!

夫から離婚を切り出されれば、
誰だって冷静ではいられません。

それまでどんなに夫婦関係が最悪でも、
妻のショックはとても大きいのが普通で、

夫の背後に他の女性がいるならば、
その精神的苦痛は計り知れません。

しかし、よく考えず、やみくもに夫を問い質したり、追いすがったり、
感情に任せた行動をとりますと、逆効果となってしまいます。

離婚を切り出してきた夫は、長年の欲求不満の末、一時的な感情に囚われて
自分勝手に「もうだめだ」と思っていることがよくございます。

自分の不倫が妻にバレて、家族から責められる前に強引に身を引こうとしたり、
不倫女性に変な義理立てや責任を感じていることもよくございます。

そんな頑なな夫にいくら正論をぶつけても逆効果です。
ますます妻につらく当たったり、暴力的になるケースがよくあります。

ここはまず、自分の気持ちを落ち着かせ、夫に対する怒りを鎮めることが大事です。
信頼できる人に相談をして、冷静に対処することが傷口を深めない秘訣です。

夫から離婚を切り出され、この先どうしたらいいか悩んでいる、
離婚に応じるべきか、それとも離婚しない方がいいか悩んでいる、

そんな時には、専門の当事務所までお気軽にどうぞ。
今後どうしたらいいか、お悩みのご相談に親身になってお答えを致します。

夫から離婚調停の申立てを受けた!

急に離婚してくれと言われても、
すぐに決断ができるものではございません。

しかし、離婚を切り出してきた夫は、
離婚を焦っていることが非常に多く、

妻がなかなか離婚に応じないとみるや、
離婚調停の申立てをしてくることがあります。

その場合、夫は離婚調停を優位に進めるため、
専門家と相談をして用意周到に準備を重ねているかもしれません。

そのため、妻側としましても、調停に向けて何らかの対処が必要となります。
何も用意をせぬまま、調停を迎えてしまいますと、不本意な結果となってしまいます。

家庭裁判所の調停室という特殊な環境の中、そして、非常に限られた時間の中、
初対面の調停委員に対して、口頭ですべてを説明するのは大変です。

離婚調停をうまく乗り切るためには、事情説明書の提出が欠かせません。
これまでの経緯や法的ポイントを詳しく書いた事情説明書を事前に提出致しましょう。

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena