離婚公正証書の作成サポート

当相談室におきましては、離婚公正証書の
作成相談を専門的にお受けしています。

夫の養育費の支払いがご心配の場合、
離婚公正証書で約束をしておけば安心です。

養育費の不払いがあって強制執行をするときに、
裁判の必要がないので助かります。

夫の方も、養育費の不払いをすれば、すぐに給料が差し押さえられることになり、
会社で恥をかくことになりますので、不払いの抑止に繋がります。

養育費に限らず、慰謝料、財産分与、自宅の名義変更、住宅ローンの負担、
年金分割についても、公正証書で約束をしておけば大きな安心感が得られます。

とはいえ、簡単なようで難しいのが離婚公正証書の条文の作成です。
条文は、強制執行をすることをが可能となる文章にしなければなりません。

当事務所では、離婚後の母子の生活安定に欠かせない
「離婚給付契約公正証書」の作成サポートをしています。

ご依頼を受けて法的に間違いのない公正証書の草案を作成し、
公証人との事前打ち合わせの代理、公証役場への出頭代理を致します。

夫と離婚の合意ができたので、取り急ぎ離婚公正証書を作成したい、
離婚公正証書の草案作成と、手続きの代理をして欲しい、

そんなときには、専門の当相談室までお気軽にどうぞ。
速やかに離婚公正証書が作成できますよう、作成のサポートを致します。

代理人として公証役場に出頭!

離婚公正証書は、なるべく早く、
確実な約束で離婚したい方にお勧めですが、

離婚は「身分行為」に該当するため、
基本的に代理行為をすることはできません。

いくら夫婦が険悪でも、夫婦そろって
公証役場に出頭するのが原則となります。

また、離婚公正証書の作成は、平日の日中に
公証役場に出頭して行う必要がある点が頭の痛いところです。

離婚公正証書を作成したいけど、夫と顔を合わせたくない、
夫も、自分も、平日に公証役場に出頭できない、

そんな時には、専門の当事務所にお任せ下さい。
夫または夫婦双方の代理人として公証役場に出頭し、作成の代理を致します。

お気軽にお問い合わせください。084-963-2351受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日OK ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena