離婚回避のご相談

やはり夫と離婚したくない!

当相談室では、夫との離婚を避けるための
ご相談も専門的にお受けしています。

夫婦の間にまだ幼い子供がいて、
仕事も満足にできない状況にもかかわらず、

そして、多少の夫婦ケンカはあっても、
夫に対する愛情は十分あるのに、

夫から「もう離婚したい!」と言われたら、
目の前が真暗になってしまいます。

夫はなぜ離婚したいと言い出したのか、
もしかして、他に女性がいるのか、、、

夫のまさかの離婚要求で、急に先が見えなくなり、
悩み、心配、恐れが渦巻いて、夜も眠れなくなってしまいます。

とはいえ、妻にとっては急な離婚話でも、
夫はかなり前から妻との離婚について真剣に悩んていたのかもしれません。

夫に離婚の理由を尋ねれば、「それがわからないから離婚になるんだ!」
と冷たく突き放されることはよくありますし、

子供が辛い思いをするから考え直してと訴えても、
「こうなったのはオマエのせい!」などと言われることもよくあります。

そして、焦った妻が夫の考えを変えようと焦れば焦るほど、
もがけばもがくほど、夫の気持ちはますます離れてしまいます。

夫から離婚を切り出された場合、
まずは、「ジタバタしない」ことが大切です。

残念ながら、
今の夫は何を言っても聞く耳を持たない状況です。

ここは一呼吸置いて、夫の言動に一喜一憂したり、夫を責めたり、
理由を探ったり、夫の気持ちを変えることに腐心するのではなく、

自分自身の気持ちを整理して、離婚要求で失った自信を回復し、
夫を責める態度からありのままを受け入れる態度に切り替える必要があります。

そうすれば、夫の表面上の離婚理由を真に受けたり、
状況をどんどん悪化させることはなく、夫の本当の気持ちが見えてきます。

夫は、妻が自分の不満に気が付かないこと、自分を大切にしないことにハラを立て、
妻の自覚を促す意味も含めて離婚要求をしているケースはよくあります。

絶対にしてはいけないことですが、
そういったことが夫の不倫の理由に繋がっているケースも非常に多くあります。

そういったところをよくよく見定めてから、
離婚を避けるための努力を重ねていかなければ、状況は悪くなるばかりです。

とはいえ、夫から離婚をどんどん迫られている状況において、
ひとりで気持ちの整理をしたり、冷静になって自己肯定感をあげるのは大変です。

夫から離婚を切り出されたけど、やぱり夫と離婚したくない、
夫から離婚を宣告されて、精神的に参っている、

そんなときには、
専門の当相談室までお気軽にどうぞ。

夫から離婚を切り出されても、離婚の意思は変わらないと言われても、
修復できたケースは当相談室に数多くございます。

夫からの離婚要求に負けないためのご相談、
明るいあしたを取り戻すためのお手伝いを親身になって致します。